インフラエンジニアの転職におすすめの転職エージェント10選

インフラエンジニアの転職におすすめの
\ 転職エージェントTOP3/

ランキング画像総合評価リンク求人数IT専門性転職サポート求人数詳細社内SE専門性詳細転職サポート詳細評判
ワークポートワークポート★4.13公式サイト★4.80★4.00★4.005,000~20,000件IT・WEB業界に強いアプリ「eコンシェル」 職務経歴書作成ツール評判を見る
DODADODA-エージェントロゴ★4.10公式サイト★4.00★3.80★4.503,002件総合転職レジュメビルダー 合格診断 年収査定 転職アプリ評判を見る
RecruitAgentリクルートエージェント★4.03公式サイト★4.80★3.80★3.507,025件総合転職転職セミナー多数評判を見る

転職エージェント比較基準

  • インフラエンジニアの求人数
    インフラエンジニアの求人が多く用意されているか
  • IT専門性
    コンサルタントがIT業界に詳しいか、IT専門担当がいるか
  • 転職決定サポート
    転職決定までしっかりとサポートできているか

本評価では、インフラエンジニアがより良い環境や求人に出会える確率を高まるために必要な「求人数」求職者のエンジニアの特性を踏まえた提案ができるために必要な「IT専門性」と、スムーズな転職活動を行うための「転職決定サポート」を軸に評価いたしました。

本記事ではランキングの軸に関する評価詳細や転職エージェントの具体的な評価内容について解説していきます。

本記事の信頼性

・本記事は、インフラエンジニアとしてホワイト大企業に転職成功した筆者の経験から記載しています。

・IT業界に在籍して15年目になり転職3回。

・現在自部署の採用もしているため、企業側から見た転職エージェントとの評価も踏まえて解説しています。

インフラエンジニアの転職におすすめの転職エージェント10選

ランキング画像総合評価リンク求人数IT専門性転職サポート求人数詳細社内SE専門性詳細転職サポート詳細評判
ワークポートワークポート★4.13公式サイト★4.80★4.00★4.005,000~20,000件IT・WEB業界に強いアプリ「eコンシェル」 職務経歴書作成ツール評判を見る
DODADODA-エージェントロゴ★4.10公式サイト★4.00★3.80★4.503,002件総合転職レジュメビルダー 合格診断 年収査定 転職アプリ評判を見る
RecruitAgentリクルートエージェント★4.03公式サイト★4.80★3.80★3.507,025件総合転職転職セミナー多数評判を見る
ギークリーギークリーとは★3.83公式サイト★3.50★4.00★4.00636件IT・WEB業界に強い年収診断 企業口コミ評判を見る
レバテックキャリアレバテックキャリア★3.60公式サイト★3.30★4.00★3.501,918件IT・WEB業界に強い年収診断評判を見る
マイナビAgentマイナビagent★3.40公式サイト★3.40★3.80★3.00429件総合転職転職相談会など評判を見る
社内SE転職ナビ社内SE転職ナビ★3.33公式サイト★2.50★4.00★3.5061件社内SE専門企業カジュアル面談会評判を見る
type転職type転職★3.07公式サイト★3.30★3.90★2.00244件IT・WEB業界に強い特になし評判を見る
TechClips★2.67公式サイト★2.00★4.00★2.0021件IT・WEB業界に強い特になし評判を見る
クラウドリンク★2.33公式サイト★1.00★4.00★2.00非公開社内SE専門特になし評判を見る

インフラエンジニアの転職におすすめの転職エージェントを10選厳選しました。

選定基準は3つです。

  • インフラエンジニアの求人数
  • IT専門性
  • 転職決定サポート

それぞれの選定基準について解説していきます。

べるぜ

選定基準その①:インフラエンジニアの求人数

転職において求人数はかなり重要です。なぜなら、求人数が多いほどあなたが希望する求人に出会える確率が高まるためです。

選定基準その②:IT専門性

IT専門性が低いと、あなたのスキル理解と企業が求めるスキルを正確にマッチングすることができません。
一口に「IT」「エンジニア」といってもシステムレイヤや工程でも得意な領域がかなり変わるため、IT専門性は必要です。

選定基準その③:転職決定サポート

転職エージェントの求人数やIT専門性の他で見逃せない要素です。
特に転職活動アプリや進捗管理ツールなどは、忙しい業務の合間をぬって効率的に

第1位:ワークポート

Ranking No.1

ワークポート  4.13

求人数最大級、転職決定人数No.1のサービス。ITの転職エージェントと言ったらワークポートはまず登録しておくべきサービスです。

ワークポート
インフラエンジニア求人数
少ない
1
2
3
4
5
多い
IT専門性
低い
1
2
3
4
5
高い
転職サポート
少ない
1
2
3
4
5
手厚い
インフラエンジニア求人数対象地域対象年代
6,000~20,000件全国全年代
インフラエンジニア求人数は非公開求人からの想定
ワークポートのインフラエンジニアの求人数は1,906件

ワークポートはどんなサービス?

IT業界中心の転職エージェントで求人数が最大級!インフラエンジニア転職を目指すあなたにあった会社がきっと見つかります!

ワークポートのおすすめポイント!
  • ワークポートは創業から18年経つ老舗転職エージェント。
  • IT中心ながら業界最大級の公開・非公開求人数を誇る
  • 転職支援アプリ「eコンシェル」で効率よく転職活動ができる。
IT専門でこの求人数と転職サポートが手厚いのはワークポートだけ!

第2位:DODA

Ranking No.2

DODA 4.10

業界最大級の求人数を誇る。適職診断などのサポートツールが豊富。転職エージェントに迷ったらまずは登録しておくべきサービス。

業界No.2のdoda-agent
インフラエンジニア求人数
少ない
1
2
3
4
5
多い
IT専門性
低い
1
2
3
4
5
高い
転職サポート
少ない
1
2
3
4
5
手厚い
インフラエンジニア求人数対象地域対象年代
3,002件全国全年代
DODAのインフラエンジニアの求人数は3,002件

ポイント

適職診断、合格診断などの転職支援ツールがとても豊富。また、登録すると転職エージェントだけではなく転職サイトとしても利用できるので求人を見ることができる。

DODAエージェントはこんなサービス!
  • 自分のペースで転職活動をしたい人は転職サイトを利用し、積極的に転職活動を進めたい人は転職エージェントを利用するなど、自分の状況に合わせて使い方を変えられます。
  • 診断コンテンツや客観的な自分の現在の適正年収を知ることができるサポートが充実しています。
  • 他サービスと併用することで求人案件に多く触れられ、かつ高い品質のサポートサービスを受けるため、DODAには登録しておいて損はありません。
DODAで合格診断を受けたり自分で求人を見たりと登録しておいて良かったです!

第3位:リクルートエージェント

Ranking No.3

リクルートエージェント  4.03

転職支援実績および求人数No.1のサービス。非公開求人が圧倒的に多く、大企業や有名企業の求人多数。

転職エージェント業界no.1のリクルートエージェント
インフラエンジニア求人数
少ない
1
2
3
4
5
多い
IT専門性
低い
1
2
3
4
5
高い
転職サポート
少ない
手厚い
インフラエンジニア求人数対象地域対象年代
7,025件全国全年代
リクルートエージェントのインフラエンジニアの求人数は7,025件

リクルートエージェントはどんなサービス?

約3人に2人が年収UPを実現!転職支援実績も45万人と圧倒しており、全国の年代問わない様々な求人が揃っています。

リクルートエージェントおすすめポイント
  • リクルートエージェントは創業から40年以上の歴史を誇る転職サービス
  • 業界最大の求人数・非公開求人数と優秀な転職コンサルタントを数多く抱えている。
  • 転職なら業界最大手のリクルートエージェントが第一候補になる。
  • 職務経歴書を作ることのできる「レジュメNavi」や企業の社風や過去の質問までが分かるAGENT REPORT」とサポートも充実。
  • 転職活動をする人はまず最初に登録を行うべきサービスです。
私もリクルートエージェントで内定を貰いました!

第4位:ギークリー

Ranking No.4

ギークリー  3.83

IT専門の転職エージェント。GOOD AGENT RANKINGで3冠を達成しているレベルの高いサービスを提供してくれます。

ギークリーとは
インフラエンジニア求人数
少ない
1
2
3
4
5
多い
IT専門性
低い
1
2
3
4
5
高い
転職サポート
少ない
1
2
3
4
5
手厚い
インフラエンジニア求人数対象地域対象年代
636件首都圏全年代
ギークリーのインフラエンジニアの求人数は636件。

ギークリーはどんなサービス?

IT業界中心の転職エージェントで、書類作成代行サービスや進捗管理で効率的に転職活動が行えます。

ギークリーのおすすめポイント
  • ギークリーはIT専門の転職エージェント
  • 年収UP実現率は脅威の75%
  • 社内SE・エンジニア転職活動をする人は登録しておくべきサービスです
質の高い求人とサービスであなたの人生をより豊かな方向に導いてくれます。

第5位:レバテックキャリア

Ranking No.5

レバテックキャリア  3.60

ITエンジニアに特化した転職エージェント。

レバテックキャリア
インフラエンジニア求人数
少ない
1
2
3
4
5
多い
IT専門性
低い
1
2
3
4
5
高い
転職サポート
少ない
1
2
3
4
5
手厚い
インフラエンジニア求人数対象地域対象年代
1,918件4都市中心全年代
レバテックキャリアのインフラエンジニアの求人数は1,918件

レバテックキャリアはどんなサービス?

エンジニア転職特化型の転職サービス。キャリアアドバイザーの専門性が高いのがウリ。

レバテックキャリアのおすすめポイント
  • エンジニア転職に特化した転職エージェント。
  • 求職者のスキルアセスメントにより適切な求人を案内。
  • progateの利用が無料でできる。
コンサルタントの専門性の高さがウリ!

第6位:マイナビエージェント

Ranking No.6

マイナビITエージェント  3.40

求人数がそこそこ多く、ITの専門性もそこそこ高い転職エージェント。

マイナビITエージェント
インフラエンジニア求人数
少ない
1
2
3
4
5
多い
IT専門性
低い
1
2
3
4
5
高い
転職サポート
少ない
1
2
3
4
5
手厚い

インフラエンジニア求人数対象地域対象年代
429件全国全年代
マイナビのインフラエンジニアの求人数は429件

マイナビIT AGENTはこんなサービス

企業個社別相談会で、NTTDやアビームコンサルティングなど大手企業の情報を仕入れることができる。

マイナビIT AGENTのおすすめポイント
  • 人材大手のマイナビが運営。
  • 公開求人・非公開求人が多く、大手企業から未経験向けの求人まで幅広く用意されている。
  • どちらかと言うと20代向けの求人が多い。
企業個社別相談会で、大手企業の情報を仕入れてから応募できます!

第7位:社内SE転職ナビ

Ranking No.7

社内SE転職ナビ  3.33

社内SE専門!求人数もそこそこ遅い。

社内SE転職ナビ
インフラエンジニア求人数
少ない
1
2
3
4
5
多い
IT専門性
低い
1
2
3
4
5
高い
転職サポート
少ない
1
2
3
4
5
手厚い

インフラエンジニア求人数対象地域対象年代
61件全国全年代
社内SE転職ナビの求人数は6,500

社内SE転職ナビはどんなサービス?

社内SE転職専門の転職エージェント。自社のシステムやサービスのシステムに関わりたい人むけの求人を取り扱っている。

社内SE転職ナビのおすすめポイント!
  • 社内SE転職に特化した転職エージェント。
  • 求人数は多くないが、社内SE求人を専門的に取り扱っている珍しい転職エージェント。
  • 大手企業のユーザ部門に転職したい人はとても利用価値のある転職エージェントです。
弊社も大手企業ですが、いつも質の高い候補者が出てきて、私も内定を出したこともあります!

第8位:type転職エージェント

Ranking No.8

type転職エージェント 3.07

ITの専門性高い転職エージェント。

type転職エージェント
インフラエンジニア求人数
少ない
1
2
3
4
5
多い
IT専門性
低い
1
2
3
4
5
高い
転職サポート
少ない
1
2
3
4
5
手厚い

インフラエンジニア求人数対象地域対象年代
244件首都圏全年代
type転職のインフラエンジニアの求人数は244件

type転職エージェントはどんなサービス?

IT専門の転職エージェント。紹介企業は首都圏中心。

type転職エージェントのおすすめポイント
  • type転職グループのエージェントサービス
  • エンジニア向けのステップアップ転職相談会などサポートが充実
  • 求人数も多く、首都圏で転職を考えている方におすすめの転職エージェント
企業個社別相談会で、大手企業の情報を仕入れてから応募できます!

第9位:TechClips

Ranking No.9

TechClips  2.67

ハイクラスエンジニアに特化した転職エージェント

techclipsエージェント
インフラエンジニア求人数
少ない
1
2
3
4
5
多い
IT専門性
低い
1
2
3
4
5
高い
転職サポート
少ない
1
2
3
4
5
手厚い
社内SE求人数対象地域対象年代
21件首都圏全年代
Tech Clipsのインフラエンジニアの求人は21件

Tech Clipsはどんなサービス?

ハイクラスエンジニア転職特化型の転職サービス。年収500万円以上の求人のみを取り扱う。

TechClipsのおすすめポイント
  • エンジニア転職に特化した転職エージェント。
  • VR、AI、機械学習など幅広い求人を案内。
  • 首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)限定

高年収転職を目指す人におすすめです!

第10位:クラウドリンク

Ranking No.10

クラウドリンク 2.33

自社開発に強い転職エージェント

クラウドリンク
インフラエンジニア求人数
少ない
1
2
3
4
5
多い
IT専門性
低い
1
2
3
4
5
高い
転職サポート
少ない
1
2
3
4
5
手厚い

インフラエンジニア求人数対象地域対象年代
非公開首都圏全年代

クラウドリンクはどんなサービス?

自社開発転職特化型の転職サービス。SESや請負ではなく自社開発の求人を中心に取り扱う。

クラウドリンクのおすすめポイント
  • サポート満足度No.1の転職エージェント
  • 求人はクラウドリンクによる厳正な審査を行なっているため、優良求人が用意されている。
  • 求人数は多くはないが、質の良い自社開発転職に絞ったサービス展開を実施

自社開発企業を目指す人におすすめです!


インフラエンジニアのメリットは3つあります。

  • IT業界は他職種よりも平均年収が高い
  • インフラエンジニアの年収は他業界よりも高め
  • ITエンジニアの需要は今後も高まる

一つずつ解説していきます!

べるぜ

①IT業界は他職種よりも平均年収が高い

IT業界の年収

出典:DODA ITエンジニアの平均年収推移

ITエンジニア自体の年収は、全体と比較しても40〜50万円と高いです。

なんだそれだけかよ、と思いがちですが、40年働くと約2,000万円です。

2,000万円の差ってメチャクチャ大きいですよね。

普通に仕事していて2,000万円多く稼ごうと思ったら、とても大変だと思います

それが、業界に入れば手に入ると思うと、掛ける労力に対して得られるものが非常に大きいです。

日本の人口が減っていってマーケット自体が縮小され企業も苦しくなっていく中、2,000万円の差を埋めようと思ったら今後は相当大変だと思います。

べるぜ

②インフラエンジニアの年収はIT業界の中でも高め

カテゴリ職種年収
コンサルタントシステムコンサルタント(業務系)1,024万円
マネジメントプロダクトマネジャー(パッケージソフト・ミドルウェア)837万円
コンサルタントセキュリティコンサルタント788万円
コンサルタントシステムコンサルタント(ネットワーク・通信)744万円
コンサルタントパッケージ導入コンサルタント(ERP・SCM・CRM等)679万円
マネジメントプロジェクトマネジャー・リーダー(WEB・オープン・モバイル系)658万円
エンジニアプリセールス・セールスエンジニア633万円
エンジニアプログラマー(ゲーム・アミューズメント系)603万円
エンジニアネットワーク設計・構築(LAN・WAN・インターネット)588万円
エンジニアシステムエンジニア(DB・ミドルウェア設計/WEB・オープン・モバイル系)576万円
エンジニアシステムエンジニア(アプリ設計/WEB・オープン・モバイル系)568万円
エンジニアプログラマー(汎用機系)550万円
エンジニアプログラマー(WEBサイト・インターネットサービス系)548万円
エンジニアシステムエンジニア(アプリ設計/汎用機系)544万円
エンジニアサーバ設計・構築(LAN・WAN・インターネット)538万円
エンジニアプログラマー(制御系)533万円
エンジニアプログラマー(WEB・オープン・モバイル系)525万円
エンジニアシステムエンジニア(通信制御ソフト開発/制御系)524万円
エンジニアシステムエンジニア(パッケージソフト・ミドルウェア)503万円
コンサルタントSEOコンサルタント・SEMコンサルタント495万円
エンジニアWEBデザイナー479万円
エンジニアプログラマー(パッケージソフト・ミドルウェア)427万円

参考:マイナビ転職 職種別モデル年収平均ランキングよりIT職種を抜粋

IT業界の職種と年収を調査した結果インフラエンジニアの年収はプログラマーやシステムエンジニアと比較して高め(赤字部分)でした。

インフラエンジニアは、そもそもなりたい人が少なく希少価値が高いのと、インフラ系の技術難易度が高度な資格がベンダから出ており、その資格取得と転職によって平均年収が全体的に上がっているためです。

インフラエンジニアはITエンジニアの中でも年収が高く推移する可能性があるため、年収面でインフラエンジニアになるメリットは大きいです。

私もインフラ系の資格は多く取得しましたが、取得するほどスキルアップも実感して年収も比例して上がっていきました。

べるぜ

IT未経験におすすめの資格記事でもご紹介していますので、詳しくはそちらをご確認ください。

③IT業界は人材不足に悩んでおり、ITエンジニアの需要は今後も高まる

IT業界の人材不足

出典:経済産業省の「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」

先程日本の人口が減っていって、マーケットが縮小していく話をしました。

にも関わらず、拡大している業界がIT業界です。

10年後の2030年には、数十万人規模でIT人材が不足するという試算がされています。

また、システムがクラウド化されていく中で、高度なインフラエンジニアの需要は今後ドンドン高まっていくと思われます。

AWSやGCPなどの世界のクラウドシステムを支えるインフラエンジニアになるのも、夢ではないと思います。

縮小していく環境で、拡大して供給が追いつかないIT人材は、仕事が当面無くなることもないですし、需要と供給のバランスが取れていないため、報酬もドンドン上がっていくのでは無いかと予想されています。

べるぜ

インフラエンジニアのデメリット

インフラエンジニアのデメリットは3つあります

  • 夜勤が多い
  • リモートワークがしづらい
  • 地味

一つずつ解説していきます!

べるぜ

①夜勤が多い

インフラエンジニアを継続する上でのデメリット1つ目は夜勤です。

インフラって障害起こすと影響大きいので、アクセスの少ない夜間に作業を行うことが多いです。

そのため、インフラエンジニアとして定期メンテナンス作業の都度夜間作業が発生します。

中には企画や設計、コンサルなど上流工程だけに携わっている人もいてそういう人たちは夜勤が発生しづらいですが、現場に出て構築や保守を行う方はどうしても夜勤と向き合う形となります。

インフラエンジニアとしてキャリアは伸ばしたいけど夜勤が嫌だという人は、上流工程やコンサルに転職する必要が出てきます。

②リモートワークがしづらい

インフラエンジニアを継続する上でのデメリット2つ目はリモートワークのしづらさです。

近年はリモートワークが推進されつつあるため、VPNなどの環境も整いインフラエンジニアといえど出社の機会が減っていると考えられます。

ただし、ラック敷設や電源設備・ネットワークやサーバー機器の構築など、どうしても出社しないとできない作業も発生します。

現場作業が好きな人は良いですが、インフラエンジニアをやりつつリモートワークの機会を増やしたいのであれば、上流がベースの業務を行う会社に転職する必要が出てきます。

③地味

インフラエンジニアのデメリット3つ目は地味なことです。

これは、その人の価値観によってはデメリットではなくなります。

インフラエンジニアの仕事は目に見えて結果で現れるわけではありません。

達成感などはシステムが運用開始されてようやく実感することができます。

アプリ開発だと動いている姿が開発期間でも見ることができるため、実感できます。

カスタマー向けのサービスに従事している場合は、家族などに自慢することもできるでしょう。

インフラエンジニアは仕事の実感は感じづらい側面はありますが、縁の下の力持ちとして、障害が発生しづらいシステム構築をおこなうことがやりがいのこともたくさんいらっしゃいます。

インフラエンジニアの転職におすすめの
\ 転職エージェントTOP3/

ランキング画像総合評価リンク求人数IT専門性転職サポート求人数詳細社内SE専門性詳細転職サポート詳細評判
ワークポートワークポート★4.13公式サイト★4.80★4.00★4.005,000~20,000件IT・WEB業界に強いアプリ「eコンシェル」 職務経歴書作成ツール評判を見る
DODADODA-エージェントロゴ★4.10公式サイト★4.00★3.80★4.503,002件総合転職レジュメビルダー 合格診断 年収査定 転職アプリ評判を見る
RecruitAgentリクルートエージェント★4.03公式サイト★4.80★3.80★3.507,025件総合転職転職セミナー多数評判を見る

インフラエンジニアのおすすめ転職エージェントに関する評価方法について

本記事における評価点は、当メディアが独自インターネット調査を行い、実際にサービスを利用したユーザーの評価結果を中心にまとめたデータによって作成しています。

詳細は各サービスの評判記事や当メディアのコンテンツ作成ポリシーをご確認ください。

  • この記事を書いた人

べるぜ

●大手企業管理職 ●採用やマネジメントを担当 ●全社表彰や最優秀組織長賞等といった表彰をいくつも受賞 ●30代半ばにして年収1,300万円達成 ●大手メディアにマネジメントに関する寄稿経験あり

-IT経験者向け