ポテパンキャンプとRUNTEQ(ランテック)どちらを選ぶべき?

本記事の結論

  • ポテパンキャンプとRUNTEQだとポテパンキャンプを選ぶべき
  • どちらもRubyで自社開発企業に転職可能と甲乙つけがたい
  • ただし、ポテパンキャンプは転職保証などいくつか優位性がある

本記事を読めばポテパンキャンプとRUNTEQの違いがわかり、あなたが通うべきプログラミングスクールを判断できます。

べるぜ
ポテパンキャンプとは
  • 自社開発企業の転職に強い
  • 現場が認めるカリキュラム
  • 現役エンジニアが講師
必見ポテパン公式へ//i.moshimo.com/af/i/impression?a_id=2705429&p_id=3274&pc_id=7738&pl_id=42680
全額返金保証があるから最悪挫折OK

本記事の信頼性

・本記事は、20代IT未経験だった私がITスクールを卒業して転職した体験談から記載をしています。

・IT業界に在籍して15年目になり転職3回。

・大手企業のIT担当管理職や採用担当の立場の側面もあり、未経験の人が面接に来た際にどう捉えるかも含めて解説しています。

ポテパンキャンプとRUNTEQの違いとは

ポテパンキャンプとRUNTEQの違いについて解説していきます。

ポテパンキャンプとRUNTEQには以下のような共通点があり、どちらを選ぶか迷いますよね。

  • 未経験からエンジニアを目指せる
  • 自社開発企業への転職中心
  • Ruby on Rails特化
  • 現役エンジニアが講師

ポテパンキャンプとRUTNEQのそれぞれの違いについては以下の通りです。

プログラミングスクールポテパンキャンプRUNTEQ
料金440,000円398,000円
学習期間5ヶ月9ヶ月
学習時間400時間1,000時間
週あたりの学習時間20時間28時間
転職保証転職できないと返金なし
リンク公式サイトを見る
評判を確認する
公式サイトを見る
評判を確認する
ポテパンキャンプとRUNTEQ(ランテック)の比較

学習期間・学習時間・転職保証などの項目で、ポテパンキャンプの方が評価が高くなっています。

私の実体験からくる基本的な考え方として、「プログラミングスクールで多くの時間を使うくらいなら、早く現場に入って学ぶべき」というスタンスであるため、ポテパンキャンプを優先して利用すべきかなと考えています。

それでは、それぞれの評価項目を一つずつ解説していきます!

べるぜ

料金の違い

プログラミングスクールポテパンキャンプRUNTEQ
料金440,000円398,000円
ポテパンキャンプとRUNTEQの料金比較

料金については、39.8万円とRUNTEQに軍配が上がります。

ポテパンキャンプも44万円と業界の中では安い方です。

ポテパンキャンプや学習期間が短く、エンジニアとして収入が早く得られるようになるため、RUNTEQとの料金差4万円は誤差レベルかなと考えています。

40万円以内で抑えられるため、プログラミングスクールの中でも費用は安い部類に入ります。

べるぜ

学習期間

プログラミングスクールポテパンキャンプRUNTEQ
学習期間5ヶ月9ヶ月
ポテパンキャンプとRUNTEQの学習期間比較

学習期間の短さはポテパンキャンプに軍配が上がります。

悩む人

学習期間の評価としては長い方が良いのでは?

そう思われる方もいると思います。

プログラミングスクールを利用する目的としてはなるべく早くエンジニア転職を実現することだと考えています。

前の料金の章でも言いましたが、エンジニア転職を早く実現できると給料も早く貰えます。

そのエンジニア転職を最短の期間で実現できる方が高く評価されるべきです。

働きながら長期間継続するのは、正直精神的にも体力的にもきついので、学習期間が短くエンジニア転職を実現できるのであれば、ポテパンキャンプの方が高く評価されるべきと考えました。

べるぜ

学習時間

プログラミングスクールポテパンキャンプRUNTEQ
学習時間400時間1,000時間
週あたりの学習時間20時間28時間
ポテパンキャンプとRUNTEQの学習時間比較

想定の学習時間を比較した結果、ポテパンキャンプの方が効率的に学習できています。

悩む人

学習時間はさすがに長い方がスキルも身につくのではないでしょうか?

そう思われる方もいらっしゃるかと思います。

プログラミングスクールに通っている時間よりは、実務でエンジニアとして働く時間を早く増やすべきです。

プログラミングスクールで学べることはあくまでプログラミングスクールの中の話で、実務の世界とはやはり違います。

スクールに通っている時間よりも実務を行う時間に当てた方がエンジニアとして立ち上がるのは結果的に早まります。

べるぜ

また、ポテパンキャンプでは週あたりの学習時間が少なく効率的です。

これをさらに具体化して1日あたりの学習時間を確認しましょう。

コースRUNTEQ(WEBマスター)ポテパンキャンプ
受講期間最大9ヶ月最大5ヶ月
合計受講時間1,000時間400時間
週あたりの受講時間28時間20時間
1日の想定学習時間平日3時間、土日6.5時間平日2時間、土日5時間

RUNTEQは以下の想定学習時間の確保が必要です。

  • 平日3時間
  • 土日6.5時間

働きながら通う人は、仕事から帰って20時から23時まで学習し土日はほぼ学習にフルコミットとなります。

一方で、ポテパンキャンプの想定学習時間は以下の通り。

  • 平日2時間
  • 土日5時間

働きながら通う人は、仕事から帰って21時から23時まで学習し、土日はほぼ半日潰れる形となります。

ただ、仕事の休憩時間や合間を使うと30分から1時間は学習時間に当てられるはずです。

そうすると夜に1時間の学習となるため、進められる現実感が結構湧いてくると考えています。

学ぶ時間の多さも大切ですが、本当に挫折せずに進められるかの観点も忘れないようにしましょう。

べるぜ

転職保証

プログラミングスクールポテパンキャンプRUNTEQ
転職保証転職できないと返金なし
ポテパンキャンプとRUNTEQの転職保証の比較

ポテパンキャンプでは転職保証を行なっており、RUNTEQと比較した場合の優位性となっています。

転職保証とは

ポテパンキャプのカリキュラムをこなして転職支援を受け転職活動を行なったのにエンジニア転職できない場合は受講料が返金されるシステム

正直普通にカリキュラムをこなしていると中々転職保証に該当するような条件は発生しないでしょう。

ただし、それでもサービスレベルとしての差は明確。

もしもの時に40万円以上の高額投資が無駄になるリスクを低減できるサービスは評価されるべきです。

べるぜ

ポテパンキャンプとRUNTEQならポテパンキャンプがおすすめ

プログラミングスクールポテパンキャンプRUNTEQ
料金440,000円398,000円
学習期間5ヶ月9ヶ月
学習時間400時間1,000時間
週あたりの学習時間20時間28時間
転職保証転職できないと返金なし
リンク公式サイトを見る
評判を確認する
公式サイトを見る
評判を確認する
ポテパンキャンプとRUNTEQの比較

学習期間・学習時間・転職保証の観点からポテパンキャンプとRUNTEQではポテパンキャンプがおすすめです。

ポテパンキャンプを利用して、エンジニア転職を実現しましょう!

今、IT業界は人材不足に悩んでおり、未経験者の受け入れも積極的に行っています。

ただ、それを聞いた多くの方がIT業界を志望しており、良い会社から順番に埋まっている状況です。

迷っているうちにあなたにあった最高の会社の求人が他の人に取られてしまう可能性もあります。

相談自体は無料ですので気になったら今すぐ行動してライバルに差をつけてしまいましょう!

ポテパンキャンプとは
  • 自社開発企業の転職に強い
  • 現場が認めるカリキュラム
  • 現役エンジニアが講師
必見ポテパン公式へ//i.moshimo.com/af/i/impression?a_id=2705429&p_id=3274&pc_id=7738&pl_id=42680
全額返金保証があるから最悪挫折OK
  • この記事を書いた人

べるぜ

●大手企業管理職 ●採用やマネジメントを担当 ●全社表彰や最優秀組織長賞等といった表彰をいくつも受賞 ●30代半ばにして年収1,300万円達成 ●大手メディアにマネジメントに関する寄稿経験あり

-IT未経験向け