RUNTEQ(ランテック)の料金は高い?他スクールと比較してみた

本記事の結論

  • RUNTEQ(ランテック)の料金は他のプログラミングスクールと比較すると安め
  • でも、学習時間が1,000時間と多くコスパは高い
  • 就業先が東京勤務のみなど注意事項あり

本記事を読めばRUNTEQ(ランテック)料金の相場感とコスパの高いプログラミングスクールを選ぶことができます。

べるぜ
RUNTEQとは
  • 現役エンジニアが講師
  • 自社開発企業への就職実績多数
  • トップクラスの受講期間
相談無料

本記事の信頼性

・本記事は、20代IT未経験だった私がITスクールを卒業して転職した体験談から記載をしています。

・IT業界に在籍して15年目になり転職3回。

・大手企業のIT担当管理職や採用担当の立場の側面もあり、未経験の人が面接に来た際にどう捉えるかも含めて解説しています。

RUNTEQ(ランテック)の評判記事も確認しながら利用判断をお願いします。

RUNTEQ(ランテック)とは?

RUNTEQ(ランテック)とは

RUNTEQ(ランテック)とは、未経験からRubyを使った自社開発エンジニアを目指せるプログラミングスクールです。

RUNTEQ(ランテック)では、プログラミングスクールと就職支援が一体となったサービスが受けられます。

授業は完全オンラインで実施。

プログラミングスクール営業時間外でも自動レビュー機能があって、一人で学習が進められます。

プログラミングスクールポートフォリオコンテストでも3連覇を達成しており、現在勢いのあるプログラミングスクールです。

運営会社は株式会社スタートアップテクノロジーになります。会社概要について説明していきます。

べるぜ

RUNTEQ(ランテック)運営の株式会社スタートアップテクノロジーとは

項目概要
社名株式会社スタートアップテクノロジー(Startup Technology Inc.)
所在地〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町36-6 ワールド宇田川ビル5階B室
代表取締役菊本 久寿
設立2014年10月2日
事業内容インターネットのWebシステム、Webサイト、Webコンテンツの企画、開発、制作、運営
及び管理並びにそれらの受託及びコンサルティング
公式URLhttps://startup-technology.com/
株式会社スタートアップテクノロジー概要

株式会社スタートアップテクノロジーは、RUNTEQ(ランテック)の他にクライアントのプロダクト作りを支援するスタートアップスタジオ事業も手がけています。

設立から10年未満の会社ですが、実績を積み上げて多角的な事業運営を行なっています。

RubyAssociationのスポンサーにもなっており、ITの力で課題を解決するのがモットーの会社です。

べるぜ

RUNTEQ(ランテック)3つのコース

コース名称WebマスターコースRailsマスターコースRailsエンジニアコース
対象プログラミング完全初心者HTMLやRailsの基本文法を学習済みの方Railsの基礎を網羅的に学習した方
料金(税込)398,000円348,000円298,000円
事前学習不要約100時間約200時間
受講期間最大9ヶ月最大8ヶ月最大6ヶ月
受講時間約1,000時間約900時間約780時間
RUNTEQ3つのコース

RUNTEQ(ランテック)には3つのコースがあります。

それぞれ、完全初心者向けのWebマスターコースから、経験の度合いによってRailsマスターコース・Railsエンジニアコースの3つに分かれています。

どのコースを利用したとしても就職サポートはついています。

また、働きながらの受講や学生でも受講可能になっています。

あなたの状況にあわせたコース選択ができるので、無駄な時間とコストがかからない仕組みになっています!

べるぜ

RUNTEQ(ランテック)の料金を他のプログラミングスクールと比較

それでは早速RUNTEQ(ランテック)の料金を他のプログラミングスクールと比較していきましょう。

プログラミングスクールRUNTEQRaiseTech.Pro
料金398,000円403,200円517,800円
学習時間1,000時間300時間非公表
備考東京勤務のみ早期割引適用転職サポートのみ
リンク公式サイトを見る
評判を確認する
公式サイトを見る
評判を確認する
公式サイトを見る
評判を確認する

どこのプログラミングスクールと比較しても、RUNTEQ(ランテック)が安いのがわかります。

自社開発で未経験からエンジニアを目指す人はRUNTEQを選択すべきです。

べるぜ

ただ、それでも40万円となると正直ちょっと高いと感じる方もいると考えます。

そう思った方は、教育訓練給付金対象のプログラミングスクールも検討しましょう。

高額なプログラミングスクールに抵抗感がある人

RUNTEQ(ランテック)の支払額に抵抗がある人は、教育訓練給付金が適用されるプログラミングスクールを検討しましょう。

教育訓練給付金とは

国が指定した講座を支給すると、受講料の最大70%がキャッシュバックされる制度

RUNTEQ(ランテック)は教育訓練給付金の指定プログラミングスクールではありません。

3つの教育訓練給付金指定のプログラミングスクールについて紹介します。

注意事項

教育訓練給付金の受給には条件があります。詳細は、教育訓練給付金の制度や受給条件の記事をご確認ください。

RUNTEQ(ランテック)料金比較まとめ

RUNTEQ(ランテック)の料金と他プログラミングスクールについてまとめました。

RUNTEQ(ランテック)も他のプログラミングスクールも数十万円を超える金額を払う必要があり負担が大きいです。

40万近い支払額に抵抗があるなら、教育訓練給付金指定のプログラミングスクールでコスパ高くエンジニア転職を目指しましょう。

とは言いつつ、RUNTEQは学習時間が多く自社開発企業に転職できる数少ないプログラミングスクールなので、自社開発を希望する方にはとてもおすすめです。

べるぜ
RUNTEQとは
  • 現役エンジニアが講師
  • 自社開発企業への就職実績多数
  • トップクラスの受講期間
相談無料
  • この記事を書いた人

べるぜ

●大手企業管理職 ●採用やマネジメントを担当 ●全社表彰や最優秀組織長賞等といった表彰をいくつも受賞 ●30代半ばにして年収1,300万円達成 ●大手メディアにマネジメントに関する寄稿経験あり

-IT未経験向け