SAPコンサルやERPエンジニアにおすすめの転職エージェント3選

SAPコンサルやERPエンジニアの転職におすすめの
\ 転職エージェントTOP3/

1位2位3位
ワークポート
ワークポート
type転職
type転職エージェント
ウィルオブテックキャリア
ウィルオブテックキャリア
・転職決定人数No.1
・IT転職の専門性が高い
・転職サイトアクセス数No.1・IT転職の専門性が高い
【ハイクラス求人】
デロイト・PwC・日立などかなり豊富
【ハイクラス求人】
SAPジャパン・PwC
【ハイクラス求人】
SAP求人特集あり
公式へ公式へ公式へ
2022年7月更新

転職エージェント比較基準

  • IT専門性
    コンサルタントがIT業界に詳しいか、IT専門担当がいるか
  • SAP求人の質
    SAPコンサルやSAPジャパンの求人が確認できるか

本評価では、SAPコンサルがより良い環境や求人に出会える確率を高まるために必要な「SAP求人の質」求職者のエンジニアの特性を踏まえた提案ができるために必要な「IT専門性」の2点を軸に評価いたしました。

本記事ではランキングの軸に関する評価詳細や転職エージェントの具体的な評価内容について解説していきます。

本記事の信頼性

・本記事は、インフラエンジニアとしてホワイト大企業に転職成功した筆者の経験から記載しています。

・IT業界に在籍して15年目になり転職3回。

・現在自部署の採用もしているため、企業側から見た転職エージェントとの評価も踏まえて解説しています。

SAPやERPコンサルの転職におすすめの転職エージェント選定ポイント

SAPやERPコンサルの転職におすすめの転職エージェントの選定ポイントは3つです。

  • IT専門性
  • SAP求人の質
  • 転職エージェントは複数登録しておく

それぞれの選定基準について解説していきます。

べるぜ

①IT専門性

IT専門性が低いと、あなたのスキル理解と企業が求めるスキルを正確にマッチングすることができません。

一口に「IT」「エンジニア」といってもシステムレイヤや工程でも得意な領域がかなり変わるため、IT専門性は必要です。

②SAP求人の質

SAP関連の転職を目指す上で、SAP求人の質が確認できるかが重要です。

業界最大手のデロイトやSAPジャパンの求人が公開求人で確認できる転職エージェントを高く評価します。

SAPジャパンは他社に負けない給与を謳っているため、とても高い給与で有名です。

「情報・通信業界の年収ランキング」を発表、1位はSAPジャパンの平均1028万円

HR Zine

また、SAPコンサル業界最大手のデロイトトーマツコンサルティングの公開求人もとても高く提示されています。

ワークポートの求人
ワークポートより引用

当然転職活動を行う人のスキルや経験によって年収は変わりますが、上限2,000万円まで提示されています。

SAPコンサルは2027年問題もあり現在人材がとても枯渇しています。そのため、年収がかなり上がっています。

べるぜ

③転職エージェントは複数登録しておく

転職エージェントを選ぶ際のポイント3つ目は、転職エージェントは1つだけではなく複数登録しておくことです。

企業側は、自社の求人を全ての転職エージェントに公開している訳ではありません。

自社の文化や採用要件を理解しており、採用要件のマッチ率の高い転職エージェントを優先して求人を公開します。

そうしないと、アンマッチなたくさんの求人の書類審査を行う必要があり、とてもじゃないけど見切れないためです。

ただ、候補者側からすると、どんな案件がどんな転職エージェントにあるのかわかりませんよね。

そのため、いくつかの転職エージェントの無料相談を利用して、求人に一通り目を通してあなたの希望する求人がないか確認しておく必要があります。

SAPやERPコンサルの転職におすすめの転職エージェント3選

1位2位2位
ワークポート
ワークポート
type転職
type転職エージェント
ウィルオブテックキャリア
ウィルオブテックキャリア
・転職決定人数No.1
・IT転職の専門性が高い
・転職サイトアクセス数No.1・IT転職の専門性が高い
【ハイクラス求人】
デロイト・PwC・日立
【ハイクラス求人】
SAPジャパン・PwC
【ハイクラス求人】
SAP求人豊富
公式へ公式へ公式へ
2022年7月25日時点

SAPやERPコンサルの転職におすすめの転職エージェントを3選厳選しました。

評価内容を一つずつ解説していきます。

べるぜ

第1位:ワークポート

Ranking No.1

ワークポート  4.8

求人数最大級、転職決定人数No.1のサービス。SAP求人の質も高くまず登録しておくべきサービスです。

ワークポート
IT専門性
低い
1
2
3
4
5
高い
SAP求人の質
低い
1
2
3
4
5
高い

ワークポートサービス概要

IT業界中心の転職エージェントで求人数が最大級!SAP関連の求人も多くあなたにあった会社がきっと見つかります!

ワークポートのおすすめポイント!
  • ワークポートは創業から18年経つ老舗転職エージェント。
  • IT中心ながら業界最大級の公開・非公開求人数を誇る
  • SAPコンサルとしては業界最大手で高年収が期待できるデロイトやPwCの求人あり。
  • 非公開求人にも期待が持てるため、まずは登録しておきたい転職エージェント。
IT中心でSAP求人も豊富なので、まずは登録して相談してみることをおすすめします!

第2位:type転職

Ranking No.2

type転職 4.6

転職サイトアクセス数No.1。SAPジャパンの求人を保有している。

Type転職
IT専門性
低い
1
2
3
4
5
高い
SAP求人の質
低い
1
2
3
4
5
高い

type転職サービス概要

転職サイトアクセス者数No.1の人気転職サービス。SAP関連の求人を多く保有しており、中にはSAPジャパンもある。

type転職のおすすめポイント
  • SAPエンジニア関連の求人特集
  • SAPジャパンの求人あり
  • SAPジャパンやPwCの求人に応募するだけでも利用する価値のある転職エージェント
質の高い求人とサービスであなたの人生をより豊かな方向に導いてくれます。

第3位:ウィルオブテックキャリア

Ranking No.3

ウィルオブテックキャリア  4.0

ウィルオブテックキャリア
IT専門性
低い
1
2
3
4
5
高い
SAP求人の質
低い
多い

ウィルオブテックキャリアサービス概要

IT専門の転職エージェント。非公開求人が7割で年収UPを実現するのにおすすめ。

ウィルオブテックキャリアおすすめポイント
  • IT専門の転職エージェント
  • 年収アップがデフォルトと謳っている
  • リモートワーク求人など特集が充実している
広く色んな切り口の求人を効率的に見たい人におすすめです!!

SAPやERPコンサルのメリット

SAPやERPコンサルのメリットは3つあります。

  • SAPコンサルは平均年収が高い
  • SAPコンサルは今後も需要が見込める
  • 会計知識が身につく

一つずつ解説していきます!

べるぜ

①SAPやERPコンサルは平均年収が高い

SAP含むERPエンジニアの平均年収は679万円です。

以下はマイナビ転職 職種別モデル年収平均ランキングよりIT職種を抜粋した表となります。

ERPコンサルタントは上から5番目ととても高い年収データとなっています。

カテゴリ職種年収
コンサルタントシステムコンサルタント(業務系)1,024万円
マネジメントプロダクトマネジャー(パッケージソフト・ミドルウェア)837万円
コンサルタントセキュリティコンサルタント788万円
コンサルタントシステムコンサルタント(ネットワーク・通信)744万円
コンサルタントパッケージ導入コンサルタント(ERP・SCM・CRM等)679万円
マネジメントプロジェクトマネジャー・リーダー(WEB・オープン・モバイル系)658万円
エンジニアプリセールス・セールスエンジニア633万円
エンジニアプログラマー(ゲーム・アミューズメント系)603万円
エンジニアネットワーク設計・構築(LAN・WAN・インターネット)588万円
エンジニアシステムエンジニア(DB・ミドルウェア設計/WEB・オープン・モバイル系)576万円
エンジニアシステムエンジニア(アプリ設計/WEB・オープン・モバイル系)568万円
エンジニアプログラマー(汎用機系)550万円
エンジニアプログラマー(WEBサイト・インターネットサービス系)548万円
エンジニアシステムエンジニア(アプリ設計/汎用機系)544万円
エンジニアサーバ設計・構築(LAN・WAN・インターネット)538万円
エンジニアプログラマー(制御系)533万円
エンジニアプログラマー(WEB・オープン・モバイル系)525万円
エンジニアシステムエンジニア(通信制御ソフト開発/制御系)524万円
エンジニアシステムエンジニア(パッケージソフト・ミドルウェア)503万円
コンサルタントSEOコンサルタント・SEMコンサルタント495万円
エンジニアWEBデザイナー479万円
エンジニアプログラマー(パッケージソフト・ミドルウェア)427万円
IT職種別平均年収

それもそのはずで、ERP導入コンサルタントは以下のような高度なスキルが求められます。

  • ERP製品に関する知識
  • 会計知識
  • 業務BPRの知識
  • システム開発の知識

私も自社で使っているERP製品のコンサルと会話することがありますが、広範な知識と経験を持ち合わせており、ERP人材の枯渇と相まってとんでもない人月単価になっています。

上記スキルの中でどれか経験があるなら、ERPコンサルに転身して更なる高年収を狙っていくのはキャリア形成上アリだと考えています。

また、プログラミング言語年収ランキングでも、ABAPというSAPのアドオン開発専用言語が1位661万円となっており、SAPコンサルだけではなく開発エンジニアとしてもSAPは高い需要であることがわかります。

②SAPコンサルは今後も需要が見込める

SAPコンサルは今後も需要が見込めると考えています。

まず、IT人材関連自体がそもそも不足しており、経済産業省のIT人材動向の調べによると、2030年で数十万人規模で不足していると考えられています。

IT業界の人材不足
出典:経済産業省の「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」

さらに、SAPの人材はIT人材の枯渇以上に需要と供給のバランスが崩れて、SAP関連の技術者の需要は増加するのではないかと考えられています。

というのも、「SAP2027年問題」というものがあり、今までオンプレミスで使われていたERPの保守期限が2027年にサポート切れとなるため、クラウドERPに移管するというプロジェクトがSAP利用企業で立ち上がっており、人材不足となっています。

また、2025年問題としては基幹システムの老朽化が挙げられており、スクラッチ開発したメインフレームなどで稼働する基幹システムの稼働年数が20年以上を超えるため、安定的な稼働や生産性の高い利用ができずに、大きな経済損失を生む可能性があると考えられています。

基幹システムの老朽化対応のため、自社の社内SEとしてもERP人材を求める動きが多くなっており、さらにSAPのようなERP人材の枯渇に拍車をかけている状況です。

このようなシステム更改やリプレースの動きは当面継続するでしょうし、システム更改が終わった後もERP人材として法改正対応や会社の構造変化対応などで重宝されるため、SAPコンサルなどのERP関連職についておくことは年収向上や社内のポジション形成といったキャリア形成に有利に働く可能性が高いです。

③会計知識が身につく

SAPコンサルになると、会計知識が身につきます。

ERPの根幹が財務会計や管理会計などのモジュールとなるためです。

SAPコンサルはSAPのモジュールが標準でできる部分やアドオンしないと使えない部分などを、会計知識を前提とした設計を行う必要があります。

その中で深い会計知識が培われることとなり、SAP関連資格だけではなく簿記の資格を取得することもあります。

ERPコンサルとしてだけではなく事業会社のシステム部門に転職して、自社の業務要件にあわせたERPの改修プロジェクトを担当するなど、幅広いキャリアにも対応することができます。

転職エージェント利用の流れ

転職エージェント利用の流れは以下の通りです。

  • 登録
  • キャリアアドバイザーとの面談
  • 面接
  • 内定条件のすり合わせ

登録

基本情報を転職エージェント公式サイトから登録しましょう。

大体どこも1分〜5分程度で入力完了し、キャリアアドバイザーとの面談調整を電話かメールで行います。

キャリアアドバイザーとの面談

キャリアアドバイザーと面談をします。

面談で聞かれることポイント

・自分がやりたいこと業務

・転職の場合は転職理由

・今までのキャリア

・これからのキャリアをどう考えているか

・希望条件、希望企業の確認

実際に面談をした体験内容もSNSで見つけましたので、参考までにどうぞ。

キャリアアドバイザーとの面談では、自分がやりたいことや強みをきちんと把握して伝えることが大前提です。
これが固まってないと、あなたに合わない企業を紹介されて転職に失敗します。

きちんと自己分析をしてから面談に臨みましょう。
リクナビNEXTでは、無料で自己診断機能が使えるので、面談の前にサクッとやっておきましょう。

べるぜ

・リクナビNEXTで無料の自己診断をしてみる >>
キャリアアドバイザーとの面談の前に、自己分析をしておいた方が良いです。
また、スカウト機能もあるので、あなたが気になる企業からスカウト連絡が来るかもしれません。

面接

書類応募し、選考に通ったらいよいよ面接です。

転職エージェントは以下のような情報を保持しています。

面接に臨む前に必ず転職エージェントに問い合わせして、過去の面接質問集を手に入れておきましょう。

  • 選考を通過したり落選した人の理由
  • 面接での質問集
  • 面接官の特徴
  • 合格した人の模範解答集

内定と条件のすり合わせ

内定は転職エージェントを通して連絡がきます。

その後に、提示年収や勤務地・業務内容などの条件面を条件面談という形で行う会社もあります。

転職エージェントは利用無料

転職エージェントの特徴
転職エージェントの仕組み

転職エージェントの利用は無料で可能です。

転職エージェントの報酬は、採用した企業から支払われることになります。

そのため、転職希望者が利用料金を支払うことはありません。

注意事項

有料のキャリアコンサルや転職スカウトサービスもありますが、転職エージェントは基本利用無料です。

転職エージェントを利用して転職を成功させよう

転職をする際に年収を上げるには、多様な求人を保有して転職に関するアドバイスがもらえる転職エージェントの利用が欠かせません。

転職エージェントの利用は無料なため、気になる求人があればすぐに転職エージェントに相談しましょう。

求人が見つからない場合も、非公開求人があったり転職に関する相談も無料できます。

優良求人は先に動いた人から決まっていきます。

今気になっている求人も採用が決まればなくなってしまいます。

他の人に取られる前に、転職エージェントにすぐに相談してあなたの人生を変えましょう。

SAPやERPコンサルの転職におすすめの
\ 転職エージェントTOP3/

1位2位2位
ワークポート
ワークポート
type転職
type転職エージェント
ウィルオブテックキャリア
ウィルオブテックキャリア
・転職決定人数No.1
・IT転職の専門性が高い
・転職サイトアクセス数No.1・IT転職の専門性が高い
【ハイクラス求人】
デロイト・PwC・日立などかなり豊富
【ハイクラス求人】
SAPジャパン・PwC
【ハイクラス求人】
SAP求人特集あり
公式へ公式へ公式へ
2022年7月更新
  • この記事を書いた人

べるぜ

●大手企業管理職 ●採用やマネジメントを担当 ●全社表彰や最優秀組織長賞等といった表彰をいくつも受賞 ●30代半ばにして年収1,300万円達成 ●大手メディアにマネジメントに関する寄稿経験あり

-IT経験者向け