IT未経験向け

TechAcademyPro(テックアカデミープロ)の評判は最悪?

悩む人

TechAcademyPRO(テックアカデミープロ)の利用を考えている私。未経験でもITエンジニアに転職できるみたいだけど、本当の評判はどうんだろう?誰か詳しい人に教えて欲しい!


そんな疑問を解決します。


結論から言うと、TechAcademyPRO(テックアカデミープロ)は未経験からの転職実績も多く、経済産業省の認定講座に指定されているおすすめのプログラミングスクールです。


但し、利用の際には注意事項がありますのでいきなり申し込むのではなく、本記事をしっかり読んでから申し込んでください。

本記事を読めばTechAcademyPro(テックアカデミープロ)の評判がわかり、あなたにとって利用価値のあるプログラミングスクールかどうかすぐに判断することができます。

お仕事応援人


TechAcademyPro(テックアカデミープロ)以外にも、未経験におすすめの転職エージェントや、ITエンジニアになりたい人向けの無料でITスクール&転職支援をしてくれるサービスをIT未経験におすすめの転職エージェントランキングにまとめていますので、そちらもご確認ください。


すぐにTechAcaemyPro(テックアカデミープロ)に相談したいという方は、以下の公式から直接連絡をお願いします。

\教育訓練給付金対象講座/st-mcbutton]


こんな方におすすめ

  • TechAcademyPro(テックアカデミープロ)の提供サービスについて詳しく知りたい
  • TechAcademyPro(テックアカデミープロ)の評判・口コミを知りたい
  • TechAcademyPro(テックアカデミープロ)を利用するかどうか判断したい
  • TechAcademyPro(テックアカデミープロ)利用時の注意事項を知りたい

本記事の信頼性

・本記事は、実際20代IT未経験だった私が無料のITスクールを卒業して転職した体験談から記載をしています。

・IT業界に在籍して15年目になり転職3回。

・結果的に大手企業のIT担当管理職や採用担当の立場の側面もあり、未経験の人が面接に来た際にどう捉えるかも含めて解説しています。


もくじ

TechAcademyPro(テックアカデミープロ)とは?

TechAcademy(テックアカデミー)とは?


TechAcademyPro(テックアカデミープロ)とは、12週間で未経験からエンジニアを目指せるプログラミングスクールです。

TechAcademyPro(テックアカデミープロ)は、「プログラミングスクール」と「転職支援」が一体となったサービスになっています。


プログラミングスクールと転職支援一体型のサービスはたくさんあります。


但し、転職できなった際に全額返金をしてくれる転職保証がついているサービスは少ないです。


また、TechAcademyPro(テックアカデミープロ)は経済産業省認定の第四次産業革命スキル習得講座に認定されています。


第四次産業革命スキル習得講座に認定されると、教育訓練給付金が受講料に対して最大70%支給されます。

TechAcademyPro(テックアカデミープロ)運営会社 キラメックスとは?


TechAcademyPro(テックアカデミープロ)の運営会社は、キラメックス株式会社です。

項目概要
会社名キラメックス株式会社
代表者代表取締役社長 樋口 隆広
所在地東京都渋谷区渋谷1-17-4 PMO渋谷8F
事業内容プログラミング教育事業
許可番号有料職業紹介事業許可番号 「13-ユ-307458」
設立2009年2月2日
資本金4,800万円(資本準備金を含む)
親会社ユナイテッド株式会社(東京証券取引所マザーズ市場)
URLhttps://www.kiramex.com/

親会社は上場企業であるユナイテッド株式会社です。

設立から10年以上経ってますし、上場企業の資本が入っているため経営が安定していますね。

お仕事応援人


TechAcademyPro(テックアカデミープロ)の利用料金

TechAcademyPro(テックアカデミープロ)の料金は437,800円(税込)

TechAcademyPro(テックアカデミープロ)の料金は16週間で437,800円(税込)です。


学習時間の目安は300時間となります。


但し、教育訓練給付金の支給で受講料の最大70%返金(306,460円)されるため、その場合は131,340円を支払うことになります。
(※教育訓練給付金の支給対象や支給方法については、必ずハローワークに直接確認をお願いします)

TechAcademyPro(テックアカデミープロ)6つの特徴

TechAcademyPro(テックアカデミープロ)の特徴は6つあります。


TechAcademyProの特徴

①未経験からでもITエンジニアになれる
②転職保証あり
③授業は完全オンライン
④現役エンジニアが講師
⑤ポートフォリオ(成果物)作成あり
⑥教育訓練給付金が支給される

それぞれ一つずつ解説していきます。

お仕事応援人


①未経験からでもITエンジニアになれる


TechAcademyPro(テックアカデミープロ)では、未経験でもITエンジニアを排出した実績が沢山あります。


また、TechAcademyPro(テックアカデミープロ)のエンジニア転職保証コースは未経験の方を対象にしています。


独自のパーソナルメンター制度で丁寧に指導してくれます。

未経験でITエンジニアになるのは正直かなり難易度が高いのですが、しっかりサポートして技術力を身につけられ転職に導いてくれます。

お仕事応援人


②転職保証あり


TechAcademyPro(テックアカデミープロ)では、転職保証制度があります。

保証内容
・キャリアカウンセラーがカウンセリングを行い、転職をサポート。
・学習プログラム修了後、6ヶ月間内定が出るまで企業面談を実施。
・面談を実施しても内定が出ない場合、受講料を全額返金。


ただし、保証を受けるには結構多くの条件があります。

保証条件

  • 受講開始時点で20歳以上32歳以下の方
  • 新卒での就職ではなく転職を検討されている方
  • 東京での勤務が可能な方
  • IT企業へエンジニアとして転職の意思がある方
  • 受講期間中に転職活動をする意思のある方
  • 期間中に学習時間を300時間以上確保できる方
    (1〜6週目:160時間、7〜12週目:140時間)
  • マンツーマンメンタリングを全て欠席なく実施
  • 6週間までJavaコースの全課題が終了した方
  • 全ての課題に合格された方
  • 企業面接設定後に無断キャンセルがない方
  • 応募した企業からの面接依頼に必ず回答する方


自身が対象になれそうかしっかり確認しましょう。また、不明点あれば無料の相談会で確認しておくのが無難です。

お仕事応援人


\教育訓練給付金対象講座/st-mcbutton]


③授業は完全オンライン


全てオンラインに対応したコースを受講することができます。


インターネット環境があれば、いつでもどこでも学習することができます。

ポイント

・過去の受講生は30,000万人を突破。

・全国各地、海外からの受講実績もあり。


④現役エンジニアが講師


TechAcademyPro(テックアカデミープロ)の講師は、大学生や研修を受講した講師ではありません。


通過率10%を突破した現役エンジニアだけが学習をサポートしてくれます。


現場のリアルを知っているエンジニアに教われるからこそ、リアルなプログラミングを学ぶことができます。

⑤ポートフォリオ(成果物)作成あり


TechAcademyPro(テックアカデミープロ)では、自ら提案した機能開発で成果物を作成していきます。


開発した機能はパーソナルメンターが挫折しないようにしっかりレビューしてくれます。

⑥教育訓練給付金が支給される

TechAcademyPro(テックアカデミープロ)は、教育訓練給付金の対象


TechAcademyPro(テックアカデミープロ)は教育訓練給付金の支給対象講座となっています。


受講料の最大70%(306,460円)がハローワークから支給されます。


但し、教育訓練給付金の対象には雇用要件の加入状況などの条件があります。


また、教育訓練給付金の支給は一度受講費を支払った後になりますので、最初は支払う必要があることに注意が必要です。


詳細は教育訓練給付金対象と申請方法を解説した記事をご確認ください。

教育訓練給付金支給に関する手続きは煩雑であり間違えやすいので、必ず最寄りのハローワークに相談しながら進めてください。


TechAcademyPro(テックアカデミープロ)の良い評判


TechAcademyPro(テックアカデミープロ)の良い評判をTwitterとGoogleMapから集めました。

メンターの質が高い、エンジニアとして内定をもらえたなどの声が多かったです。

お仕事応援人


教材のレベルが高い

無料体験講座がわかりやすかった

メンターがいるとモチベが上がる

メンターに直接聞けるのが良い

メンターの対応が早い

エンジニアとして内定をもらった

劇的にスキルが伸びた

対応がスピーディー

無料コンサルの対応が良かった

スカウトが来た

自分が作りたいものが形にできた

5点 ★★★★★

作るものありきで学ぶのが良いなと感じました。プログラミングの技術もそうですが、自分の作りたかったWebサービスが形になったので、良かったです。

Webサービスが形になった!

TechAcademyPro(テックアカデミープロ)の悪い評判


TechAcademyPro(テックアカデミープロ)の悪い評判をTwitterとGoogleMapsの口コミから調査しました。

受け身の人は厳しい、途中でやめてしまう人がいたなどの声がありました。

お仕事応援人


東京で就職するのが面倒くさい

Javaしか学べない

受け身のマインドだと厳しい

途中でやめてしまう人がいる

時間とお金の無駄だった

1点 ★★★

本当に損した。テキストが分かりにくい。それを質問すると「質問が分かりにくいので答えられません」と言われた。分かりにくいテキストを作っておいて何様だろう?市販のテキストを買って見たらそちらの方がかなり分かりやすく丁寧で、ここに参加するのは時間と金の無駄だ。

時間とお金が、、、

スタッフ・テキストの質が悪すぎる

1点 ★★★

スタッフ、テキストの質が低すぎる

、、、

TechAcademyPro(テックアカデミープロ)利用時の5つの注意事項


TechAcademyPro(テックアカデミープロ)利用時の5つの注意事項があります。

①就職先が東京しかない
就職先は東京しかないため、地方受講者は上京が前提

②転職成功率が公表されていない
他のプログラミングスクールで公表されている転職成功率が公表されていません

③1日の学習時間が3時間以上
16週間で300時間の学習量を消化する必要があります
④学べる言語がJavaだけ
今はやりのPythonなどは対象外

⑤チーム開発がない
転職した後の仕事に慣れる方法がありません


①就職先が東京しかない


TechAcademyPro(テックアカデミープロ)の就職先は東京しかありません。


オンラインで全国から受講は可能ですが、面接や就職のタイミングで上京する必要があります。

上京が難しい人には向いていないです。

お仕事応援人


②転職成功率が公表されていない


TechAcademyPro(テックアカデミープロ)では、就職成功率が公表されていません。


転職保証があるため、転職できなかった場合最悪お金が無駄になることはありません。


ただし、エンジニア転職をするために時間を掛けてどれくらい成功するのかは不透明になっています。


就職率を公表しているプログラミングスクールだと、就職率98%のDMM WEBCAMPがおすすめです。

教育訓練給付金の対象にもなっており、コスパは最強レベルです。

おすすめ

DMM WEBCAMP

転職できない場合は全額返金!教育訓練給付金が支給される数少ないプログラミングスクール。

dmm-webcampは未経験からITエンジニアに
就職率学習時間転職保証料金
98.0%800時間転職できないと返金910,800円
DMM WEBCAMPのポイント

ポイント

受講料は910,800円⇨350,800円(教育訓練給付金最大支給時)に。有名企業の転職支援実績も多数あります。

DMM WEBCAMPはこんなサービス!
  • チーム開発やポートフォリオの作成など、本格的なエンジニアとしてのスキルを身につけることができます。
  • 数少ない教育訓練給付金対象のコースも存在しており、とても費用対効果の高いサービスの展開をしています。
  • レベルの高いエンジニアとなって活躍したい、教育訓練給付金の支給を受けながら学習したい人におすすめのサービスです。
高い就職率ですし、転職保証もあるのでチャレンジしやすいですね!


③1日の学習時間が3時間以上


TechAcademyPro(テックアカデミープロ)は12週間で300時間の学習が必要です。


1週間あたりで換算する【300時間 ÷ 12週間 = 25時間/週】で、1日に換算すると 【25時間 ÷ 7日 = 約3.6時間


土日や休日にまとめてやることもあると思いますが、平均するとかなりの時間です。

かなり本気で取り組める人じゃないと難しいと思います。

お仕事応援人

④学べる言語がJavaだけ


TechAcademyPro(テックアカデミープロ)では学べる言語がJavaだけとなり、今はやりのPythonなどは学べません。


ただし、Java自体が現時点で一番使われている言語ですし、求人が一番多いのもJavaです。


プログラミング言語の求人数

Javaは現在もっともと開発現場で利用されている言語と言っても過言ではありません。


DODAに登録してそれぞれの言語で求人を検索してみました。(2021年8月時点)


結果、Javaが7,396件とダントツの1位でした。


これはJavaを身につけると就職しやすくなると言えます。

そのためJavaを身につけておけば就職という観点では大きな問題ではないです。

お仕事応援人

⑤チーム開発がない


エンジニアとして転職した後は、一人だけで仕事をするわけではありません。


アプリケーションの機能ごとに担当が振り分けられ、チームで開発をしていく必要があります。


チーム開発用のツールやテストの仕方などの雰囲気は、就職してから学ぶことになります。


教育訓練給付金を受給しつつチーム開発を経験したいなら、DIVE INTO CODEDMM WEBCAMPがおすすめです。


おすすめ

DIVE INTO CODE

高度なエンジニアスキルを身につけることができる、年齢制限なしの数少ないプログラミングスクール。教育訓練給付金制度対象。

DIVE INTO CODEは教育訓練給付金対象のプログラミングスクール
就職率学習時間転職保証料金
非公表640時間転職できない場合返金547,000円

ポイント

教育訓練給付金支給対象講座となっているため、高い投資対効果でエンジニアスキルを身につけ、エンジニアとして転職できます。

DIVE INTO CODEはこんなサービス!
  • エンジニアとして就業することを目的に掲げつつ、より実践的にエンジニアスキルを身につけるべくカリキュラムが組まれています。
  • 年齢制限がないため、エンジニアとして新しいキャリアを描きたい人にとてもおすすめのサービスです。
  • 働きながら学べることもできるため、セカンドキャリアを考えている人にも利用価値があります。
年齢制限なしで教育訓練給付金受講は嬉しいですね!

おすすめ

DMM WEBCAMP

転職できない場合は全額返金!教育訓練給付金が支給される数少ないプログラミングスクール。

dmm-webcampは未経験からITエンジニアに
就職率学習時間転職保証料金
98.0%800時間転職できないと返金910,800円
DMM WEBCAMPのポイント

ポイント

受講料は910,800円⇨350,800円(教育訓練給付金最大支給時)に。有名企業の転職支援実績も多数あります。

DMM WEBCAMPはこんなサービス!
  • チーム開発やポートフォリオの作成など、本格的なエンジニアとしてのスキルを身につけることができます。
  • 数少ない教育訓練給付金対象のコースも存在しており、とても費用対効果の高いサービスの展開をしています。
  • レベルの高いエンジニアとなって活躍したい、教育訓練給付金の支給を受けながら学習したい人におすすめのサービスです。
高い就職率ですし、転職保証もあるのでチャレンジしやすいですね!

TechAcademyPro(テックアカデミープロ)をおすすめする人・しない人


TechAcademyPro(テックアカデミープロ)をおすすめする人・しない人は以下の通りです。

おすすめする人
おすすめしない人
  • エンジニア転職したい人
  • 東京で働ける人
  • 3時間/1日の学習時間が確保できる人
  • 転職保証つきが良い人
  • オンラインが良い人
  • Java以外を学習したい
  • 対面で学習したい
  • 就職率の開示が必須
  • 地方で就職したい
  • 学習時間の確保が困難


条件があわないのに無理して受講しても途中でやめてしまうことになるので、自分にあったスクール選びをしましょう。

お仕事応援人


筆者体験談:未経験者の自己投資に対する考え方

IT未経験者の自己投資の考え方


プログラミングスクールにそももそも投資する必要があるの?と考えている方もいると思います。


筆者も未経験でIT業界に飛び込みましたが、最初ほど自己投資をちゃんとしておいた方が絶対良いです。

・未経験で就職した後も仕事をするための努力と自己投資がかなり求められる
・努力にはかなりコストが必要(年数十万円単位)
・だったら最初からITスクールに自己投資しておいた方が仕事の入りもスムーズになるしよかったのではないかと思っている

筆者も25歳の時に未経験で無料のITスクールに通って就職しました。


最初は紹介予定派遣で現場に入りましたが、1年経っても正社員雇用に繋がりませんでした。

今振り返ると、これは完全にスクール選びに失敗しました。

お仕事応援人



その後、自腹で資格取得をして転職活動を行い未経験ながらなんとか1部上場企業への就職に成功しました。


ただし、基礎力向上と体系的に開発を学んでいなかったため、就職後の業務になれるまでとても苦労しました。

3ヶ月ほどで血尿が出てメンタルもやられかけました。あんな思いするなら最初からスキルを身につけてから転職しておくべきでした。

お仕事応援人


慣れない仕事をしながら、たくさん本を買って読んだり、自分で環境を作ったり、資格試験をいくつも受験したりと1年目で数十万円は使いました。


TechAcademyProのように、エンジニアとしてスキルを身につけてから転職するべきです。

私は結果的に生き残れましたが、同期でエンジニアとしてその後も活躍している人はほとんどいません。

お仕事応援人



そうならないように、IT未経験者は「自己投資は必要!IT業界で身につけるためのスキルを磨く!」という覚悟が必要です。

就職後も生きていけるエンジニアスキルを身につけてくれるプログラミングスクールを選ぶことを強くおすすめします。

そもそもエンジニアになれば自己投資は当たり前になってくる

エンジニアの自己投資額

【引用】Tech総研エンジニアアンケート「自己投資額はいくら?」

リクナビTech総研がエンジニアに対して自己投資をいくらしているのかを職種に分けてアンケートを取った結果です。


現役のエンジニアでさえ毎月1万円を軽く超えてきます。

IT業界は技術進歩がとても激しく、自ら新しい技術に触れたり学んだりしていかないと市場価値が低くなっていきます。

最初は自己投資に抵抗感がありますが、IT業界はそもそも自己投資をバンバンする世界です。

お仕事応援人


IT業界で活躍したいと本気で考えているなら、自己投資に対する抵抗感は早めに無くしておいたほうが中長期的に活躍できると思います。

IT未経験でもIT業界・ITエンジニアに転職した方が良いと思う3つの理由

「ITエンジニアに投資するのはいいけど、そのあと本当に良いことあるかな?」という疑問が湧く人もいるかと思います。


ITエンジニアやIT業界に在籍して15年の私が、ITエンジニアに転職すべき3つの理由について解説します。

 

IT業界に転職した方が良い理由

・IT業界は他職種よりも平均年収が高い

・IT業界は人材不足に悩んでおり、ITエンジニアの需要は今後も高まる

・IT業界のリモートーワーク率は高く、ワークライフバランスを整えやすい

IT業界は他職種よりも平均年収が高い

IT業界の年収

出典:DODA ITエンジニアの平均年収推移

 

IT自体の年収は、全体と比較しても40〜50万円と高いです。

なんだそれだけかよ、と思いがちですが、40年働くと約2,000万円です。

2,000万円の差ってメチャクチャ大きいですよね。

普通に仕事していて2,000万円多く稼ごうと思ったら、とても大変だと思います。

それが、業界に入れば手に入ると思うと、掛ける労力に対して得られるものが非常に大きいです。

日本の人口が減っていってマーケット自体が縮小され企業も苦しくなっていく中、2,000万円の差を埋めようと思ったら今後は相当大変だと思います。

お仕事応援人

IT業界は人材不足に悩んでおり、ITエンジニアの需要は今後も高まる

IT業界の人材不足

出典:経済産業省の「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」

先程日本の人口が減っていって、マーケットが縮小していく話をしました。

にも関わらず、拡大している業界がIT業界です。

10年後の2030年には、数十万人規模でIT人材が不足するという試算がされています。

縮小していく環境で、拡大して供給が追いつかないIT人材は、仕事が当面無くなることもないですし、需要と供給のバランスが取れていないため、報酬もドンドン上がっていくのでは無いかと予想されています。

お仕事応援人


そんなおいしい市場に手を出さないのはもったいない、という考え方です。

IT業界のリモートーワーク率は高く、ワークライフバランスを整えやすい

IT業界のリモートワーク

出典:PRTIMES PAIZA調査結果

昨今、働き方の柔軟性が叫ばれるようになってきており、特にリモートワークによる家庭フォローや副業による生産性向上が注目されています。


今後、自分の人生を有意義にしていくためにはリモートワークは欠かせないものになっていきますが、IT業界のリモートワーク率は極めて高いです。


若いうちにIT業界に入っておき、リモートワーク前提のライフプランを行う大チャンスかと思います。

私もIT職ですが、月に1回も出社していません。他のメンバも同様です。家庭のフォローもできますし、出社時間を副業に当てられるので、最高です

お仕事応援人


TechAcaemyPro(テックアカデミープロ)でエンジニア転職を実現しよう!

TechAcademyProでエンジニア転職を勝ち取ろう!


TechAcademyPro(テックアカデミープロ)は未経験でエンジニアを輩出した実績が多数のプログラミングスクールです。


転職保証もありますし、教育訓練給付金制度の対象講座にもなっているので、コスパよく転職したい人におすすめです。


TechAcademyProの特徴

①未経験からでもITエンジニアになれる
②転職保証あり
③授業は完全オンライン
④現役エンジニアが講師
⑤ポートフォリオ(成果物)作成あり
⑥教育訓練給付金が支給される


今、IT業界は人材不足に悩んでおり、未経験者の受け入れも積極的に行っています。


ただ、それを聞いた多くの方がIT業界を志望しており、良い会社から順番に埋まっている状況です。


迷っているうちにあなたにあった最高の会社の求人が他の人に取られてしまう可能性もあります。


相談自体は無料ですので気になったら今すぐ行動してライバルに差をつけてしまいましょう!


\教育訓練給付金対象講座/st-mcbutton]

  • この記事を書いた人

お仕事応援人

●大手企業管理職 ●採用やマネジメントを担当 ●全社表彰や最優秀組織長賞等といった表彰をいくつも受賞 ●30代半ばにして年収1,300万円達成 ●大手メディアにマネジメントに関する寄稿経験あり

-IT未経験向け