転職ノウハウ

IT業界の構造を徹底解説!IT未経験者は絶対理解しておく必要あり!

悩む人
IT業界に転職を考えている私。でも、IT未経験なのでそもそもIT業界が何のかわからない。どういう構造でどういう会社があるのか、詳しい人教えて欲しい。

そんな疑問について解決します。

結論から言うとIT業界の構造はとても複雑です。

構造を理解するために「BtoBとBtoC」「ハードウェアとソフトウェア」「SIERとITコンサル」などといった言葉の定義から理解する必要があります。

本記事では未経験者向けにIT業界の構造を徹底解説しますので、ご安心ください
お仕事応援人

こんな方におすすめ

  • これからIT業界への転職を考えている
  • IT業界への転職を考えているけど、実はIT業界がイマイチ理解できていない
  • IT業界の構造を理解した上で転職活動をしたい

本記事の信頼性

・本記事は、IT未経験でIT企業の転職に成功した筆者が、自身の転職時の体験や企業研究を元に記載しています。

・IT業界で15年していますので、構造やそれぞれの企業の特徴については理解しています。

・現在は大手企業で採用を担当しており、採用する側の立場も含めた側面(候補者の前職の企業調査)から解説しています。

詳細なプロフィール >>

IT業界の構造を徹底解説!IT未経験者は絶対理解しておく必要あり!

IT業界の構造を表にまとめてみました。

言葉の意味がそもそもわからないので、項目ごとに説明していきます。

ビジネスモデル 提供サービス 提供企業
日系企業 外資系企業
BtoB ハードウェア 日立、富士通 Cisco、Dell、HP
ソフトウェア オービック、ミロク情報サービス Oracle、SAP、Salesforce
ITコンサルティング NRI、アビームコンサルティング 日本IBM、アクセンチュア
SIer NTTD、NSSOL、CTC (上記会社が導入時にSIを手掛ける)
BtoC ネットビジネス 楽天、Yahoo、リクルート Google、Amazon、FaceBook
通信インフラ NTT、ソフトバンク、KDDI Coltテクノロジーサービス

IT企業の構造 BtoBとBtoC

BtoB-BtoC

まずは、BtoBとBtoCという言葉について解説します。

IT業界の構造 BtoBとは

BtoBとはBusiness to Businessの略で、企業が企業に対して提供するビジネスモデルのことを指します。

ハードウェアやシステム開発などを、「企業」が「企業向け」に提供しています。

IT業界にいないと名前を聞いたことのない企業もたくさんあると思いますが、IT業界で有名な企業や優良企業ははたくさん存在しています。
お仕事応援人

IT業界の構造 BtoCとは

BtoCとはBusiness to Customerの略で、企業が直接消費者に対してサービスを提供するビジネスモデルのことです。

楽天市場やYahooのポータルサイト、じゃらんやSUUMOなどが該当します。

BtoCの企業は私たちの生活に密着しているので、誰でも知っていると思います。
お仕事応援人

IT業界の構造 提供サービス

IT業界の構造 ハードウェア提供サービス

ハードウェアとは、サーバーやネットワーク・ストレージ機器のことを指します。

企業が自社サービスを自前のサーバーやシステムで構築する際に、ハードウェアベンダから購入します。

ハードウェアの提供だけではなく、その後のシステムインフラの構築やアプリケーション開発などのSIer業務を担っている企業も多くあります。

代表的な企業

■日系
日立富士通

■外資系
CiscoDellHP

ベンダーというのは「提供企業」くらいの意味で、多くはハードやパッケージ系のソフトウェアを提供している企業のことを指します。
お仕事応援人

IT業界の構造 ソフトウェア提供サービス

ソフトウェアとは、サーバー上で動くアプリケーションやWEBサービスのことを言います。

ソフトウェアの提供の仕方は2種類ありますので、それぞれ説明します。

SaaS・クラウド

SaaS・クラウドと言われる、提供する会社のサーバで動くアプリケーションやWEBサービスをインターネット経由などで利用する形態です。

利用する会社は自分たちでサーバーを立てたりネットワークを構築したり、データセンターと契約する手間が省けます。

代わりに、利用会社は提供会社に対して利用料を月額などで払い続ける必要があります。

ソフトウェア

自分たちでサーバやシステムを持つと保守組織を作って運用する必要がありますが、IT業界の人員不足もあって多くの企業がSaaSやクラウドを積極的に活用し始めています。
お仕事応援人

パッケージ

パッケージとは、提供会社が作成したアプリケーションを利用会社が保有するサーバにインストールしてもらう形で提供する形態です。

ゼロからアプリケーションを設計・開発するよりも比較的簡易にシステム導入ができます。

IT業界の構造 ITコンサルティング

ITコンサルとSIerのスコープの違い

ITコンサルは主に、上流工程と言われる顧客の課題感や具体的になやりたいことを明確し、実現手段としてのシステム化方法を支援します。

顧客折衝から要求をOUTPUTして具体化しすり合わせという高いコミュニケーション能力が必要となります。

また、システム具体化の際にはネットワークからサーバーからアプリケーションまで、広範なスキルが必要となります。

ITコンサル

中には運用までやっているITコンサルと呼ばれる人もいますが、そんなに多くはないと思います。
お仕事応援人

IT業界の構造 SIer

SIerとは、システムインテグレーター(System Integrator)の略です。

具体的には、顧客のシステム開発から運用までを引き受けます。

大手のSIerだと、ITコンサルの要求定義工程も担当している場合があります。

SIerでは、ITスキルとプロジェクトマネジメントスキルが求められます。
お仕事応援人

SIerの多重請負構造

SIER-構造

SIerは多重請負構造になっています。(金額と利益額はわかりやすく表現したメージです。)

事業会社からシステム開発の発注を一次受けするのは、プライムと呼ばれるNTTデータなどの大手のSIerです。

NTTデータの社員がプロジェクト計画を策定したり顧客折衝はしますが、実際の開発は別の会社に委託します。

委託する際には、自社の利益分を差し引いて発注します。

この多重構造が続き、一番最後の会社が実際の開発人件費を負担する形になります。

発注金額から開発人件費を引いた額が4次請けの利益になります。

SIer

■日系企業
NTTDNSSOL

限られた開発費の中で開発するので、4次請けとかはブラック企業がしやすいです。
お仕事応援人

SIerの種類

SIERには、大きく分けて4種類あります。

  定義 会社例
メーカー系 メーカーのSIer部門 富士通、日立製作所
メーカー系子会社(通称:メー子) メーカーの小会社SIer 日立ソリューションズ
ユーザー系小会社(通称:ユー子) ユーザ系SIERの子会社 NTTデータ先端技術、みずほ情報総研
独立系 親会社を持たないSIER 日本ユニシス

IT業界の構造 B to C ネットビジネス

楽天やYahoo、リクルートのように自社で対カスタマー(消費者)向けに直接サービスを展開しているビジネスモデルです。

一度ネット上でサービスを構築するとコストをかけずに運営でき、消費者が利用した分だけ売り上げになるので利益率が高い傾向にあります。

ネットビジネス

■日系
楽天Yahooリクルート

■外資系
GoogleAmazon

IT業界の構造 通信インフラ

みなさんのお家でインターネットや携帯電話が利用できるようにするサービスを提供しています。

この手の企業はネットワークエンジニアが多いですが、SIerとしての業務を行っている企業も多いです。

なお、通信インフラは許認可事業なので、基本的に日系の大手企業が提供している形になります。

通信インフラ

■日系
NTTソフトバンクKDDI

IT業界の構造を理解して、自分にあった会社選びをしよう!

IT業界に転職するのであれば、IT業界の構造を理解しておくことがとても大事です。

ITコンサルやSIERでは、開発スキルやマネジメントスキルを向上させて市場価値を上げていくことも可能です。

また、給与や待遇面で言うとプライムに近いところに行けば行くほど良くなってきます。

また、BtoCのサービス提供会社では、自社サービスを展開するにあたって必要なシステムを自分たちで考えることができます。

私も独立系からユーザ系小会社に転職し、その後BtoCのサービス提供会社に入ってキャリアップに成功した体験があります。
お仕事応援人

IT業界は未経験でも入って活躍することができる業界です。

今は人手不足で未経験でも採用意欲がとても高いです。

気になる方は以下も参考にしてみてください。

【あわせて読みたい】IT未経験の転職:20代で転職に成功する方法 >>

  • この記事を書いた人

お仕事応援人

●大手企業管理職 ●採用やマネジメントを担当 ●全社表彰や最優秀組織長賞等といった表彰をいくつも受賞 ●30代半ばにして年収1,300万円達成 ●大手メディアにマネジメントに関する寄稿経験あり

-転職ノウハウ