悩む人

IT未経験でITエンジニアになろうと決めたけど、どういう軸で会社選びやキャリア形成していけばいいんだろう?

IT未経験で転職する際には、その理由とセットで転職戦略を緻密に練っておく必要があります!

お仕事応援人


IT未経験の転職で最初の選択を間違えると、その後のキャリア形成にも大きく影響を及ぼします。

自身の転職理由の振り返りから、転職後に目指す自身のキャリアの姿について棚卸しを行い、転職戦略を練りましょう!

ITエンジニアになりたい理由を整理する

IT未経験の転職戦略


ITエンジニアになりたいと思った理由はなんでしょうか。


お金?手に職をつけて安定的に生活したいからでしょうか?


どちらにせよ、「転職戦略」がとても重要になってきます。


「転職戦略」とは、取捨選択することです。

IT未経験の転職戦略は取捨選択が必要

例えば、未経験からIT業界に飛び込む際に「上場企業や有名な企業が良い!」というようなことは誰でも希望することだと思います。


ただし、いきなり未経験で大企業や有名企業に転職するのはかなりの可能性で実現が難しいです。


可能性はゼロではないのですが、枠自体も少ないですし競争率もとても高いです。


うちも第二新卒や未経験採用で募集かけることありますが、かなりの応募(1〜2名の募集枠で時に数百名)がありますので、かなり厳しい状況です。

お仕事応援人

そのため、未経験で大企業や有名企業の入社を目指して転職活動をするのはあまり現実感がありません。


企業にこだわりすぎた人は転職活動に失敗しています。

また、大手企業にこだわる人以外にも、IT業界に向いていない人が転職して失敗したケースもあります


詳細はIT業界の転職に失敗する人の特徴をまとめた記事がありますので、そちらをご確認ください。

大企業や有名企業で施策の整ったOJTや高い給与・福利厚生などを享受したい気持ちはわかりますが、IT未経験だとほぼ無理と思って戦略的に捨てた方がいいです。

可能性がゼロではないので、転職エージェント経由で選考は絶対受けた方がいいとは思います。ただし、通過する可能性は極めて低いという期待値でダメだったら大手以外も視野に積極的に受けるべきです。

お仕事応援人


ランキングアスリートエージェント 転職支援
公開求人125,00092,00036,74628,16910,0002,5002,000非公開非公開
転職支援ツール面接力向上セミナ、職務経歴書エディターなど転職査定、合格診断、適職診断など年収診断、年収査定など特になし特になし特になし特になし特になし非公開
オリコン顧客満足度5位6位1位2位対象外対象外対象外対象外対象外
主な対象就業者就業者就業者就業者未経験職種未経験職種未経験職種未経験職種未経験職種
タイトル公式サイトを見る
評判を確認する
公式サイトを見る
評判を確認する
公式サイトを見る
評判を確認する
公式サイトを見る
評判を確認する
公式サイトを見る
評判を確認する
公式サイトを見る
評判を確認する
公式サイトを見る
評判を確認する
公式サイトを見る
評判を確認する
公式サイトを見る
評判を確認する

学歴や経歴に自信のある人

<おすすめの大手転職エージェント>

大卒などの学歴と職務経歴に無職期間の穴のない人は、まずはリクルートエージェントに登録すべきです。

求人数が他のサービスを圧倒していますし、サービス面から見ても文句なしの業界No.1サービスです。


20代の人なら20代からの支持率No.1のマイナビAgentもおすすめです。

30代の人ならDODAパソナキャリアがおすすめです。

なお、転職エージェントによって取り扱っている企業や求人が違いますので、2〜3つくらいは最初に登録して求人を確認し、一番希望求人が多かった転職エージェントに最後は絞って利用すると効率的です。

お仕事応援人

学歴や経歴に自信のない人

未経験採用を中心にサービス展開している転職エージェントを利用します。

<おすすめの未経験採用転職エージェント>

求人件数の多い就職Shop、次にDYM就職に登録しておけばOKです。

上記2つでいまいち相性が悪いなと思ったらハタラクティブIT求人ナビ 未経験の利用を考えましょう。

お仕事応援人


IT未経験の転職エージェントのおすすめを徹底解説した記事も参考にしてください。


転職エージェント以外の選択肢

転職エージェント以外にも、プログラミングスクールやITスクールと一体となった転職支援サービスも存在します。


スクール一体型の会社には、無料と有料の2種類が存在しています。

分類説明特徴
転職エージェントIT未経験以外の求人も取り扱う一般的な転職エージェント有名な転職エージェントが多く、大企業への未経験転職も夢ではない。
無料スクール&転職支援サービスIT未経験を主に取り扱い、無料のITスクールでスキルアップしてから転職支援してくれる無料で教えてくれるが、そんなにレベルは高くない。主にスクール提携先の企業に就職する。
有料スクール&転職支援サービスIT未経験を主に取り扱い、有料のITスクールでスキルアップしてから転職支援してくれる受講料が高いが一生使えるスキルが身に付く。有名企業への転職先もある。

ちなみに私は無料ITスクールの出身です!就職先は紹介予定派遣だったし、1年経っても正規雇用にならないというひどい有様でしたが。

そのスクールはどことは良いませんが当然ですが紹介していません。皆さんはそうならないようにスクール選びは慎重に行いましょう。

お仕事応援人

無料のITスクール&転職支援がおすすめの人

無料スクール転職支援がおすすめ

・現在就職していないがエンジニアになりたい

・スキルを身につけたいが経済的な余裕がない

・就職先に強いこだわりがない

ランキング
初期投資67,800円
就職成功で全額キャッシュバック
なしなしなし21,780円
就職成功で全額キャッシュバック
50,000円〜なし
就職率94.1%96.2%97.8%98.0%非公表非公表86.0%
学べる範囲Java,PHP,Python,Ruby,Swift,Node.js,React.jsJava,PHP,Ruby,HTML5,CSS3,javascriptJava,RubyNWJava,PHP,PythonUnity,UE4,VFX,サーバー,XR,AI,C++Java,NW
無料体験ありなしありなしありなしなし
オーダーメイドカリキュラムありなしなしなしなしなしなし
成果物ありあり
JavaSilver資格
ありあり(CCNA合格率95%)なしありなし
年齢制限なし27歳までの大卒
正社員経験1年
20代限定31歳までなしなし20代限定
備考無料カウンセリングでamazonギフト券3,000円資格取得費用
32,340円無料
適職診断ありシェアハウス2ヶ月無料無料カウンセリングでamazonギフト券10,000円就職成功で全額返金入社後定着率95%
リンク公式サイトを見る
評判を確認する
公式サイトを見る
評判を確認する
公式サイトを見る
評判を確認する
公式サイトを見る
評判を確認する
公式サイトを見る
評判を確認する
公式サイトを見る
評判を確認する
公式サイトを見る
評判を確認する
料金やギフト券は公式の最新情報必ずご確認ください

無料スクール&転職支援

<おすすめの無料スクール&転職支援サービス>

侍エンジニアが総合力で一番のおすすめです。

資格取得をしてスキルアップを可視化しながら転職したいならProgrammerCollegeが良いでしょう。

初期投資が気になる人は、就職率97.8%と非常に高いGEEK JOBを選択しましょう。

インフラエンジニアを目指すなら、就職率98%でCCNA合格率99%のネットビジョンアカデミーがおすすめです。

ネットビジョンアカデミーは、地方や現状お金がない人の支援の目的でシェアハウスが2ヶ月無料で借りられます。

お仕事応援人

有料のITスクール&転職支援サービスがおすすめの人

有料スクール転職支援がおすすめ

・現在就職していないがエンジニアになりたい

・投資してでも良いので高いエンジニアスキルを身につけたい

・エンジニアスキルをアピールしてなるべく良い就職先に転職したい

ランキング
WEBエンジニアコース

専門技術コース

AI開発コース
料金726,000円547,000円910,800円528,000円517,800円330,000円220,000円
就職率100%非公表98%非公表非公表非公表非公表
学習時間1,000時間640時間800時間276時間非公表非公表非公表
教育訓練給付金なし最大45万円補助最大56万円補助最大33.6万円補助なしなしなし
働きながら夜間土日あり夜間土日あり夜間土日ありなしなしなしなし
転職保証就業まで
支払いなし
転職できないと
返金
転職できないと
返金
なしなしなしなし
備考完全後払い制なので初期投資不要年齢制限なしAI or クラウドコースの選択可能転職サポートのみ転職さポートのみ転職サポートのみ転職サポートのみ
リンク公式サイトを見る
評判を確認する
公式サイトを見る
評判を確認する
公式サイトを見る
評判を確認する
公式サイトを見る
評判を確認する
公式サイトを見る
評判を確認する
公式サイトを見る
評判を確認する
公式サイトを見る
評判を確認する

本格的なスキルを身につけたい人

CODEGYM ISADMM WEBCAMPAidemyがおすすめです。

後払いでかなり高度なカリキュラムが組まれているCODEGYM ISAが中長期的なキャリアを考えると一番のおすすめです。

DIVE INTO CODEDMM WEBCAMPAidemyは数少ない教育訓練給付金つきのプログラミングスクールですので、投資自体を抑えて高いスキルを身につけたい方はおすすめします。

詳細は教育訓練給付金の対象者や申請方法を解説した記事をご確認ください。

お仕事応援人


IT未経験で転職するリアルな会社の考え方

IT業界の年収の考え方
IITI

IT未経験で最初に入社できる会社のレベルでいうと、正直客先常駐型のSIER系のSESが現実的です。


こちらは給料も安いし福利厚生的に整っているとは言い難い会社ではあります。

IT業界の構造についての記事で詳細を解説していますので、こちらも参考にしてください。


ただ、リアルなことを言うと未経験者を受け入れるのって会社としてはかなり負担なので、そんなに多くの枠がそもそもないことに留意する必要があります。

あとは、めちゃくちゃ転職活動が上手くいって中小企業の情報システム部門か開発系のSIERだと思います。



こちらはOJTで開発経験を積んで上流工程で企画や要件定義をする部署に転属される可能性もありますので、大手企業を目指すなら有利なキャリアパスを描けています。

私はフリーターから無料のITスクールに入り、卒業は紹介予定派遣で転職という形だったので、現実そんなもんかなと考えています。

お仕事応援人


IT未経験だと、スキルアップしたら転職を繰り返して年収を上げていくのが基本的な考え方です。

未経験で入社する企業にずっといるという考え方ではなく、2〜3年は給料もらいながらスキルアップできるとても良い条件で仕事できる!と捉えてください。
スキルを身につけた後に、中小企業の情報システム部門やSIERを経て、大手に転職することを目指しましょう。※6〜10年くらいかけて上るイメージ。


折角育ててもらったので心苦しい部分はあるのですが、中長期的なキャリアを考えると仕方ないですし、もはや転職は当たり前の時代なので、年収UPを狙うなら感傷的な部分は捨てるべきです。


私も最初に正社員採用してもらった会社は3年で辞めて心苦しかったのですが、企業は個人を一生守ってくれるわけではないので、自身のキャリア形成は自分の力で開拓することを選択しました。

お仕事応援人


IT未経験の転職で年収を上げていくための職種の考え方

IT職種の年収の考え方


IT未経験の転職で年収を目的にするなら、職種ごとに年収がかなり違うということに留意が必要です。


一番高いのがITコンサル系ですが、アプリやインフラ、最新の技術トレンド、顧客折衝能力、論理的思考能力など求められるものが多岐に渡るので、最終目標として定めるのは良いですが、未経験でいきなりITコンサルになるのは難しいと思います。

IT業界の職種と年収について理解するという記事で詳細な解説をしていますので、そちらもお読みください。


プログラマ系を目指す人は多く、市場価値は相対的に低くなっています。


プログラマ系でも高年収の人は多いですが、あくまで平均年収データ上は低くなっているという意味ですのでご注意ください。


一方で人気はないけどインフラエンジニア系はその分希少価値があり年収は相対的に高くなっています。


年収だけを狙うなら、インフラエンジニアやネットワークエンジニアが実は結構狙い目です。

インフラエンジニアやネットーワークエンジニアの仕事内容や実態を紹介した記事もあるので、そちらもあわせてご確認ください。


私もその戦略でインフラエンジニア・ネットワークエンジニアで最初の数年頑張りました。スキルの証明で資格を取得すると評価がガンガン上がって年収も比例して伸びていったのでおすすめです。

お仕事応援人


IT資格取得については未経験でも割と簡単に取得できる資格を紹介している記事もありますのでそちらも参考にしてください。


最初はオペレーターやヘルプデスクの採用になる可能性も高いです。


ただし、悲観する必要はなくITリテラシは確実に上がるので、業務に従事しながら資格を取得してエンジニア転職を目指すのもありです。


私も最初は紹介予定派遣でオペレータをやっていました。仕事をしながら資格を取ってエンジニア転職に成功したのでやりようはいくらでもあります。

お仕事応援人


IT未経験での職種ごとのスキルの深さと広さの考え方について

IT職種の技術の考え方


インフラエンジニアはシステムの基盤なのでそんなに技術的な変化も起きづらく、一度身につけた要素スキルは長く活かせる環境にあります。


一方でアプリ系は新しい言語や技術がどんどんすごいスピードで出てくるので、市場価値を維持するにはそれなりに大変だと思います。

といっても、身につけたものが1年とかで使えなくなるわけではなく5〜10年単位の流行の切り替わりのイメージです。

職人的に深さを極めていくのか、トレンドを拾って技術を拡げていくのかの違いがあると考えています。

お仕事応援人


インフラ自体は動くサービスが見える面白さを味わえなかったり、どうしても仕事柄保守的(インフラはいかに障害が起きないようにするか)になりがちなのが大きなデメリットですが、それが気にならなければ最高な職種かなと思います。


アプリはなんといっても自分が動くものを作れる、ユーザ体験のフィードバックを受けて仕事の価値を感じられるというのがとても大きなポイントです。


子供に自分が作ったものを見せたいという思いでプログラマを続けている人もいるくらいなので、それくらい目に見えて動くものは大事だと考えている人も多いです。

お仕事応援人


将来的にITコンサルを目指すなら、アプリとインフラある程度両方の経験は必要なので、始まりはどちらでも良いかなと思います。


20代の早いうちにエンジニアに慣れていれば、よりキャリア形成の幅が拡がるので早めに動くことをおすすめします。

20代IT未経験でIT業界に転職する方法を解説している記事もありますので、そちらも参考にしてください。


また、IT業界は実力主義の世界で現時点では女性比率も少なく、今後女性の登用も多くなってくると思います。


IT業界はリモートワーク比率も女性の年収も業種の中では高い方です。


未経験の女性にこそ、IT業界でキャリア形成していくことをおすすめします。

詳細は女性にIT未経験のエンジニア転職をおすすめする理由を解説した記事をご確認ください。

執筆者: Good Color Dad