転職ノウハウ

ITエンジニアの職種と年収を徹底解説!あなたはどの職種を選ぶ?

悩む人

エンジニア転職を考える上で、職種と年収が知りたい!誰か詳しい人に教えて欲しい!

こんな疑問を解決します。

エンジニアと一口に言っても、

  • Webエンジニア
  • フロントエンジニア
  • インフラエンジニア
  • システムエンジニア

など、色んな職種があってわかりづらいですよね。

本記事では、エンジニアの職種及び役割と想定年収について解説していきます。

本記事を読めばエンジニアのキャリアで狙うべき職種がわかり、キャリア形成がしやすくなります!

べるぜ

本記事の信頼性

・本記事は、20代IT未経験だった私がITスクールを卒業して転職した体験談から記載をしています。

・IT業界に在籍して15年目になり転職3回。

・大手企業のIT担当管理職や採用担当の立場の側面もあり、未経験の人が面接に来た際にどう捉えるかも含めて解説しています。

エンジニアの職種と年収

まず、ITエンジニアの職種の大きな構造と今回の対象について整理します。

エンジニア系の組織に従事している人を大きく分けると以下のような構造になります。

  • アプリケーションエンジニア
  • インフラエンジニア
  • ITコンサルタント
  • ITマネジメント

特にわかりづらいのが、①アプリケーションエンジニアと②インフラエンジニアと呼ばれるような分類です。

まずは①アプリケーションエンジニアと②インフラエンジニアを中心に解説していきます。

①アプリケーションエンジニア

アプリケーションエンジニアはWebエンジニア、クライアントサーバ系、モバイル系でわかれ、フロントエンジニアとバックエンドエンジニアに分かれる
。
アプリケーションエンジニアの構造

アプリケーションエンジニアは、以下の3つに大別できます。

  • Web系
  • クライアント/サーバー系
  • モバイル系

それぞれの定義は以下の通り。

アプリケーションエンジニアの構造概要
Web系Webサイトの設計や設計を行う
クライアント/サーバ系パソコンにインストールするクライアントアプリケーションの設計や開発を行う
モバイル系スマホなどのモバイルデバイスにインストールするアプリケーションの設計や開発を行う

また、アプリケーションエンジニアは以下の2つの役割に多く分かれます。

  • フロントエンジニア:ユーザが直接触る部分を開発する
  • バックエンドエンジニア:ユーザが触らない部分を開発する

フロントエンジニアはユーザ画面を操作する部分を担当します。

例えば楽天市場で言うと、以下のような機能を開発する役割です。

  • 商品検索
  • 購入
  • お気に入り登録

一方で、バックエンドエンジニアはユーザが直接触らないような機能の開発を行います。

  • 店舗や商品情報の登録バッチ系処理
  • Webサーバの設定
  • 関連システムとの接続処理

フロントエンジニアとバックエンドエンジニアの一般的なイメージは以下の通りです。

フロントエンジニア
バックエンドエンジニア
  • ユーザ視点が身に付く
  • 華やか
  • ものづくりの実感が湧きやすい
  • 地味
  • 縁の下の力持ち
  • インフラやシステム間接続などスキルエリアが拡がりやすい

どちらも一長一短ですが、フロントエンジニアの方が華やかさがあり人気があります。

一方でバックエンドエンジニアもスキル範囲もインフラレイヤまで広がって行くため、市場価値は手堅く伸びていきます。

一人でなんでもできる「フルスタックエンジニア」と呼ばれるためには、両方を経験しておく必要があります。

②インフラエンジニア

インフラエンジニアは大きく以下の2つの役割に分けられます。

  • サーバーエンジニア
  • ネットワークエンジニア

インフラエンジニア自体の仕事は派手とは言えず、まさに職人の領域。

ただし、インフラの領域は大きな技術革新が起きづらいため、一度スキルを身につけると長期的に活躍できる可能性が高まります。

サーバーエンジニアは、アプリケーションが稼働するサーバーの設計・設定・シェルスクリプトコーディングなどを行います。

アプリケーションエンジニアやネットワークエンジニアとコミュニケーションしながら、主にアプリケーションが動く土台作りを行います。

ネットワークエンジニアは、インターネットからの接続を受けたり、社内システム同士の接続を行ったり、WANやLANの設計や設定を行います。

ITエンジニアの職種と年収

ITエンジニアの職種と年収について解説していきます。

マイナビ転職の情報をベースにITエンジニア系職種だけ抜き出しました。

カテゴリ職種年収
ITコンサルタントシステムコンサルタント(業務系)1,024万円
ITマネジメントプロダクトマネジャー(パッケージソフト・ミドルウェア)837万円
ITコンサルタントセキュリティコンサルタント788万円
ITコンサルタントシステムコンサルタント(ネットワーク・通信)744万円
ITコンサルタントパッケージ導入コンサルタント(ERP・SCM・CRM等)679万円
ITマネジメントプロジェクトマネジャー・リーダー(WEB・オープン・モバイル系)658万円
セールスエンジニアプリセールス・セールスエンジニア633万円
アプリケーションエンジニアプログラマー(ゲーム・アミューズメント系)603万円
インフラエンジニアネットワークエンジニア(LAN・WAN・インターネット)588万円
インフラエンジニアシステムエンジニア(DB・ミドルウェア設計/WEB・オープン・モバイル系)576万円
アプリケーションエンジニアシステムエンジニア(アプリ設計/WEB・オープン・モバイル系)568万円
アプリケーションエンジニアプログラマー(汎用機系)550万円
アプリケーションエンジニアプログラマー(WEBサイト・インターネットサービス系)548万円
アプリケーションエンジニアシステムエンジニア(アプリ設計/汎用機系)544万円
インフラエンジニアインフラエンジニア(サーバ設計・構築)538万円
制御系エンジニアプログラマー(制御系)533万円
アプリケーションエンジニアプログラマー(WEB・オープン・モバイル系)525万円
制御系エンジニアシステムエンジニア(通信制御ソフト開発/制御系)524万円
アプリケーションエンジニアシステムエンジニア(パッケージソフト・ミドルウェア)503万円
SEO・SEMコンサルタントSEOコンサルタント・SEMコンサルタント495万円
WebデザイナーWEBデザイナー479万円
アプリケーションエンジニアプログラマー(パッケージソフト・ミドルウェア)427万円
引用:マイナビ転職 職種別モデル年収平均ランキングよりIT職種を抜粋

職種別モデル年収では、フロントエンジニアやバックエンドエンジニアなどで分類されていませんでした。

職種の中で「Web系」や「Webサイト」「アプリ設計」などの記載がある場合は、概ねフロントエンジニアのことを指していると考えられます。

年収の傾向としては概ね以下のような構造になっています。

  • 【役割軸の年収傾向】ITコンサルタント > ITマネジメント > システムエンジニア > プログラマ
  • 【レイヤ軸の傾向】インフラエンジニア > アプリケーションエンジニア
  • 【プロダクト軸の傾向】Web系 > パッケージ系 > 汎用機 > 通信制御

年収を上げていく意思があるのであれば、軸を定めながら登り方を検討していく必要があります。

べるぜ

エンジニアの職種と年収を徹底解説!<コンサルタント編>

IT業界でも高年収が多いITコンサルタント。

高いITスキルと顧客とのコミュニケーションスキル、わかりやすいOUTPUTが求められるため希少性にあわせて年収も高くなります。

システムコンサルタント(業務系) 1,024万円

さまざまな業務設計とシステム化方針設計に関わるシステムのコンサルタントです。

ASIS-TOBEによるGap分析やHowの妥当性検証、顧客説明など高度なスキルが求められます。

業務フローズを可視化するスキルやヒアリングスキル、ITスキル等が必要になります。

セキュリティコンサルタント 744万円

IT環境に関する様々なセキュリティ施策のコンサルティングを行います。

ネットワークからサーバー、ミドルウェア、WEBアプリケーションの幅広いセキュリティ対策を行います。

また、攻撃を受けた時の陣頭指揮を取ったりすることもあり、高度なITスキルに加えて判断力やコミュニケーション能力も必要となります。

システムコンサルタント(ネットワーク・通信) 744万円

企業が利用しているネットワーク環境の改善提案や大規模な構成変更の提案や要件定義支援を行います。

老朽化したネットワークを変更する際に、最新の技術を用いたソリューションの検討を行ったりします。

ネットワークの設計書やパケットのログなどを見て問題点の洗い出しや改善の提案を行う高いスキルが求められます。

パッケージ導入コンサルタント(ERP・SCM・CRM等) 679万円

会計(ERP)や顧客管理(CRM)などを取り扱うパッケージソフトの導入支援を行うコンサルタントです。

こういったパッケージはマーケットシェアNo.1の会社が他を引き離しています。

そのため、一つのパッケージ製品の導入手順やノウハウがあるだけで、かなりの仕事量になり食べていくことができます。

SEOコンサルタント・SEMコンサルタント 495万円

企業や個人事業主などを対象に、どうすれば希望のキーワードで検索結果の上位にサイトを送り込めるかをコンサルティングします。

仕事の成果が結果として見えやすいため、うまくいかないと評価が下がり契約がなくなったりする難しい職種です。

一方で、自分の仕事で顧客の成果が大きくなったときの達成感も大きく、やりがいに繋がりやすいです。

IT業界の職種と年収を徹底解説!<マネジメント編>

プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーといった、ITシステム開発の計画を立てたり実行を推進します。

また、製品自体の開発責任者プロダクトマネジャーとして、製品コンセプトの検討から開発の陣頭指揮を取る職種もあります。

適切な計画を立てるのにも高度なITスキルと経験が必要です。

プロダクトマネジャー(パッケージソフト・ミドルウェア)837万円

顧客に導入してもらうためのパッケージソフト開発に関する責任者です。

製品自体の開発責任者プロダクトマネジャーとして、製品コンセプトの検討から開発の陣頭指揮を取ります。

プロジェクトマネジャー・リーダー  658万円

システム開発プロジェクトのマスタスケジュールや予算編成、要員調整、契約、課題発生時の判断、進捗管理などを行います。

システム開発の経験が豊富じゃないと、間違った工数や費用で契約を進めてしまい、プロジェクトが炎上してしまいます。

計画通りに進めるためのスキルも必要であり、開発規模が大きくなるほどマネジメント難易度が上がります。

IT業界の職種と年収を徹底解説 プログラマー編

IT未経験におすすめの転職エージェント

プログラマーとしてソースコードをガリガリコーディングする職種です。

スマホのアプリ開発や自動車制御系までプログラマーといっても幅広いです。

プログラマー(ゲーム・アミューズメント系)603万円

ゲーム業界やアミューズメント業界のプログラマです。

スマホ系のアプリ開発などが好調で年収も上がり気味です。

プログラマー(汎用機系) 550万円

汎用機というホストコンピュータに関するプログラマーです。

現在は多くの会社でオープン開発をしていますが、銀行や証券、歴史の古い会社はホストで動くシステムを利用していることもあります。

COBOLなどの今の若い人は聞いたこともない言語で開発しています。

プログラマー(WEBサイト・インターネットサービス系) 548万円

WEBサイトやインターネットサービス開発を行うプログラマです。

楽天市場やYahooなどがイメージ湧きやすいと思います。

プログラマー(制御系)533万円

エアコン、テレビ、携帯電話といった家電や、工業用ロボット、自動車等の製品の中に組込まれたソフトウェアのプログラミングを行います。

プログラマー(WEB・オープン・モバイル系) 525万円

モバイルアプリの開発やWEBアプリケーションの開発を行うプログラマです。

プログラマー(パッケージソフト・ミドルウェア) 427万円

パッケージソフトや、WEBアプリケーションとサーバを接続するようなミドルウェアと呼ばれるアプリケーションを開発するプログラマです。

IT業界の職種と年収を徹底解説 エンジニア編

ネットワークの設計構築を行うエンジニアから顧客折衝を行うセールスエンジニアまで幅広いです。

プリセールス・セールスエンジニア 633万円

営業に同行したり、自ら顧客に製品導入に関する様々な対応を行います。

製品自体の導入提案から技術的な質問まで幅広く対応できます。

エンジニアというとパソコンに向かって仕事をするイメージがありますが、コミュニケーション能力高く自社製品を提案していくエンジニアも存在しています。

ネットワーク設計・構築(LAN・WAN・インターネット) 588万円

サーバー間を接続するネットワークや、企業がインターネットサービスを提供する際のネットワーク設計などを行います。

システムエンジニア(DB・ミドルウェア設計)576万円

顧客の情報をデータベースで管理するための設計を行ったり、データベースの構築を行います。

大量のデータを効率よく処理するためのチューニングを行うこともあります。

システムエンジニア(アプリ設計/WEB・アプリ系:568万円 汎用機系:550万円 制御系:524万円)

顧客からアプリケーション仕様をヒアリングし、設計書に落とし込んでプログラマーに指示をします。

テストが適切に行われいるかを確認したり、仕様通りに動いているかのチェックも行います。

システムエンジニア(パッケージソフト・ミドルウェア) 503万円

顧客に提供するパッケージソフトやミドルウェアの設計を行ったりプログラマーに指示を出します。

IT業界の職種と年収を見て、自分にあった転職先を探そう!

【あわせて読みたい】IT業界へ転職:未経験20代でも成功する方法 >>

IT業界は職種によって年収の幅が出やすいです。

コンサルタント系は年収が高いとはいいつつ、相当なスキルがないとそもそもなれないので未経験者などがすぐに転職するのは敷居が高いです。

ただし、プログラマーからSE、インフラ系の知識も入れつつというのを中長期的なキャリアで描くと実現はそんなに難しくないと考えています。

また、狙いどころはネットワークエンジニアやデータベースエンジニアで、ベンダ資格を保有していると未経験でも受け入れてくれる会社は多いです。

【あわせて読みたい】IT未経験の資格は役に立つ?おすすめ4選 >>

  • この記事を書いた人

べるぜ

●大手企業管理職 ●採用やマネジメントを担当 ●全社表彰や最優秀組織長賞等といった表彰をいくつも受賞 ●30代半ばにして年収1,300万円達成 ●大手メディアにマネジメントに関する寄稿経験あり

-転職ノウハウ