転職面接対策

転職理由は本音で伝える?ポジティブな言い換えで好印象を勝ち取る!

悩む人
転職理由って本音で伝えたほうがいいの?伝えづらい事は嘘をついてもいい?面接に好印象が残る良い言い方があるなら、私に教えてほしい!

こんなお悩みを解決します。

 

結論から言うと、転職理由はなるべく本音で伝えた方がいいです。

 

ただし、伝え方にはとても注意が必要です。

 

例えば、転職は前の職場に不満があって行う事が多いのですが、不満をそのまま伝えると他責性が強い人と評価され印象が悪くなります。

 

本記事では、転職理由それぞれの言い換え方法について解説していきます。

 

こんな方におすすめ

  • 転職理由を本音で伝えていいか悩んでいる
  • 転職理由がポジティブに伝わるような言い換えを知りたい

 

 

本記事の信頼性

この記事を書いている私は、大手企業管理職として、採用やマネジメントを担当しています。毎週数十のレジュメで書類選考を行い、毎日のように面接を行っています。

【あわせて読みたい】IT未経験におすすめの転職エージェント >>

 

転職理由の回答の仕方・正解は企業ごとに違っている可能性があります。

 

過去の回答内容や選考通過者の情報は転職エージェントが持っています。

 

独自で考えすぎても回答に失敗する可能性がありますので、必ず転職エージェントに登録して相談しましょう。

<おすすめ転職エージェント>

転職エージェント 詳細 求人数 特徴
公式
評判
公開:80,000
非公開:有り
業界最大級の求人数
公式
評判
公開求人:74,000
非公開:26,000
20代からの支持率No.1
公式
評判
公開求人数:27,000
非公開:23,000
顧客満足度3年連続1位
公式
評判
未経験求人数:10,000 未経験の求人としては最大級
公式
評判
公開求人数:2,000
非公開:有り
フリーター、第二新卒、既卒向け
公式
評判
公開求人数:有り
非公開:有り
カウンセリング実績11万人内定率80.4%
公式
評判
不明 転職後にOJTでスキルアップ

 

転職理由は本音で伝える?ポジティブな言い換えで好印象を勝ち取る!

「転職理由は本音で伝えたほうがいいの?」と言う質問に対しては、なるべく本音で伝えることをおすすめします。

 

その理由と言い換え方法について解説していきます。

 

転職の理由を本音で伝えたほうがいい理由

転職の理由を本音で伝えたほうがいい理由は2つあります。

 

転職理由を本音で伝えたほうがいい理由

・本音以外を伝えて面接を進める中で、辻褄があわずバレてしまうリスクがある
・転職で勝ち取りたい事が勝ち取れなくなる

 

本音以外を伝えて面接を進める中で、辻褄があわずバレてしまうリスクがある

転職理由とは、その人が転職で勝ち取りたい事、その人の価値観、信条、仕事をする上で大事にしたい思いが詰め込まれている大事な確認ポイントです。

 

その為、転職理由について、基本面接官は深堀します

 

本音で伝えていないと、深堀の中で綻びや動揺が見えてしまいます。

 

面接に失敗しない為にも、その場で取り繕わずに回答できる本音で伝えておいたほうが良い一つの理由です。

 

転職で勝ち取りたい事が勝ち取れなくなる

 

転職理由は、転職先で自分が一番実現したいことの軸になるはずです。

 

給料を上げたいなら、現年収より上の条件を提示して貰わなければ、転職する意味がありません。

 

「この人は給料を上げたいから、現年収より多めに出さないと来てくれないな」と思ってくれないと、わざわざ現年収より上げて条件を提示しようとは思いません。

 

その為、給料を上げたいなら、「上げたい」という意思を伝える必要があります。

 

本音で伝えづらい理由の場合は嘘をついてもいいか

 

本音で伝えづらい理由をそのまま伝えるか、悩まれる方は多いと思います。

 

理由によって異なるので、それぞれ解説していきます。

 

本音で伝えづらい理由

・ハラスメント(セクハラ/パワハラ)

・メンタル悪化

 

転職理由がハラスメントだった場合

 

 

人に説明するのも嫌なハラスメント。

 

「ハラスメントの話をすると、面倒な人だと思われそう」

 

そう思われる方も多いと思います。

 

ただ、本当の所を伝えないと、あなたが苦しんだハラスメントに対して対応が甘い会社に入社してしまい、また、同じ苦しみを味わう事になります。

 

面接は「お互いを確認する場」です。

 

ハラスメントが理由であることを伝え、面倒な素振りを見せたり、原因はあなたにもあったのでは?というような会社が出てくれば、最悪な会社を事前に洗い出せたとポジティブに考え、笑顔で辞退しましょう。

 

そんな会社は大体その内コンプライアンス上問題を起こしますので、入らないほうが懸命だと思います。

 

転職理由がメンタル悪化だった場合

 

転職理由がメンタル悪化だった場合も、それを伝えるかどうか悩むと思います。

 

結論、それも伝えておいたほうがいいです。

 

と言うのも、受け入れる企業側が、メンタル悪化かどうかを把握しないまま受け入れると、かなりの確率でまた再発してしまう事が多いです。

 

「この間入社した◯◯さん、休職しちゃったんですが、実は前職も同様の理由だったそうです」

 

と言うことが発生してしまいます。

 

一番は本人の体調に問題が発生してしまう事を避けたいです。

 

折角転職活動ができるくらい状況が良くなっているのに、転職という急な環境変化に他の転職者と同様の扱いで入社すると、かなり苦しくなってしまうと思います。

 

きちんとメンタルが理由であることを伝え、受け入れて貰う準備をしてもらったほうが、ご自身の体調を考えると最適かと思います。

 

そういった方を採用するかどうかは、その会社の体力だったり求めていることによって違うので、それが理由でNGを出す会社もあるかと思います。

 

ただ、そういう会社に無理をして入っても、お互いしんどい思いをするだけと思います。

 

転職理由をポジティブに言い換えて、面接官の印象UPを勝ち取る方法

 

ここからは、実際の転職理由を元に、ポジティブな言い方を解説します。

主な転職理由

・年収/給与を上げたい
・待遇改善、キャリアップ
・労働環境改善、ワークライフバランス
・職場風土
・人間関係

参考:[リクナビNEXT] 転職理由と退職理由の本音ランキングBest10

年収/給与を上げたい

 

「経済的事情」「自分の市場価値に見合ってない」の2つが多いと思いますので、それに合わせて言い換えの回答例を作ってみました。

 

なお、当たり前の話ですが、会社が求めているレベルに達していないと判断されれば、現年収より上げた条件を提示される事はないので、その点、ご了承ください。

 

ポイント

子供がもうすぐ生まれ、このままの給与だと経済的に苦しく、長く働き続けられる会社だとは考えられなかった。
御社は成果に応じた報酬・インセンティブが支払われる会社と認識している。
自分自身、成果を出して貢献できると考えているし、努力して成果を伸ばせると思っている。

解説

年収を上げたい理由が、家庭の経済的事情という事で納得感が出ます。

また、給与をただ上げてくれという主張ではなく、自分ができることをやるというスタンスが見えるので、好印象を持ちます。

ポイント

長らく今の会社で働き、経験やスキルを身に付けてきました。
大きな不満はありませんでしたが、このままで良いのかと、漠然と将来に不安を覚えました。
大学時代の人材紹介会社に勤める友人に相談したところ、今の経験・スキルなら、もっと安定した会社で高く評価してくれるのでは?というアドバイスを貰いました。
転職エージェントに登録したら、友人のアドバイス通り、たくさんの求人に出会い、転職市場で自身の提供価値があるという事を知りました。
今の会社とは違う外の世界で、自分が価値提供できる会社で働き、きちんと評価されたいと考えるようになりました。

解説

不満はないが、漠然と将来に不安がという誰しもが思う所を伝えており、納得感があります。同じ会社に長い間勤めていると、こういう不安を抱えることもあります。

また、自身の市場価値について、自分だけの思い込みだけではなく、専門の領域の人の客観的な意見を取り入れることによって、さらに納得度が増し、良い印象を持つでしょう。

 

待遇改善、キャリアップ

 

給料ではなく、今の立場とは違ったスケールで仕事をしたいとか、もっとスキルアップしたいという理由のものです。

ポイント

今の会社に勤めており、スキルも経験も向上したが、最近は同じ事の繰り返しで、自身のキャリアアップやスキルアップに不安を覚えました。
私より2年先に入った先輩を見ると、同じ状況なので、私もまだ2年間も同じことをするのかと思ってしまいました。
もっともっと自分自身、早いスピードで成長したいし、マネジメントも身につけたいと考えたため、転職することにしました。

解説

まずは冒頭でスキルや経験は向上しているという事を伝え、会社批判ではないことを理解してもらう。その上で、他の先輩という情報で今後のキャリアに関する不安の信憑性を増しているので、納得感を得られやすいです。

 

労働環境改善、ワークライフバランス

 

ブラックな会社だったり、長時間労働が常態化している場合です。言い方によっては、「仕事を頑張るのが嫌な人」という風に捉えられるので、注意が必要です。

 

ポイント

今の会社では、毎日が22時近く残業が続き、土日出社もあり、労働環境としてかなり厳しい状況です。
有給休暇も余程の体調不良が無い限りは取得できない雰囲気です。業務ピークの時には、遅くまで働いたり、土日出社することはあり得ると思うのですが、それがずっと続くと思うと、今の会社で働き続ける事に現実感を持てませんでした。

解説
労働状況を具体的に話すことで、話の信憑性が増します。忙しいのが嫌という事ではなく、ずっとそれが続くのが体力的にも精神的にも現実感はないと伝えることで、話が一般化され、共感を呼ぶ回答になるかと思います。

 

職場の風土が合わない

 

職場の風土という言葉は凄く幅が広く、言い方によっては環境への不満と捉えられるので、注意が必要です。

 

ここでは、保守的な風土だった場合を例に解説をしてみます。

 

ポイント

今の会社では、既存の製品やビジネスモデルを大事にしていく風土であり、新しいものにどんどん取り組んでいく感じではありませんでした。
それは別に悪いことではないのですが、新しい事にどんどんチャレンジしていきたい自分の考え方とは違っていると感じています。

解説
その職場が大事にしている風土には理由があるはずです。

保守的だからダメということではなく、会社としてそういう選択をしているだけなので、そこにまず理解を示すことで、環境や会社に対して批判的では無い、自責性のある人と評価されます。

 

また、自分がチャレンジしたいという意思を表明することで前向きに捉えられますし、否定ではなく、考え方が「違っている」と表現することで、相手の事を慮るスタンスを感じ、評価が上がります。

 

人間関係

 

上司や同僚と考え方や価値観が会わずに、仕事をするのが楽しくなかったり、コミュニケーションを取るのが嫌になってしまう。

 

そんな時も、他人を否定すると偏った価値観で集団では生きていけない人と評価されてしまうので、注意が必要です。

 

ポイント

同僚達の多くは競争意識が強く、お互い助けあって仕事を進めるという関係性ではありません。
当然個人として成果を追求していくというのは間違ってないと思います。
但し、私はチームと仕事をやり遂げて、苦労や喜びを分かち合いながら仕事をしたいと考えています。

解説

 

まずは、自分が合わないと思っているポイントを正直に伝えます。

 

それを否定せずに、個人の価値観として大事にしているポイントが違うことを話しましょう。

 

自分が大事にしたい事を事をポジティブに伝えて最後に締めることも大切です。

 

転職理由を本音で伝えつつポジティブに言い換えて転職を成功させましょう

 

転職理由別の回答例について解説しました。

 

転職理由は、応募者の価値観が出てくる所なので、伝え方次第では悪気がなくてもマイナス評価になってしまうことがあります。

 

少しの伝え方の工夫で印象がかなり違うので、是非参考にしてみてください。

 

これ以外にも色んな転職理由あると思いますが、転職する際は転職のプロに相談して、しっかり対策を立てましょう。

  • この記事を書いた人

お仕事応援人

●大手企業管理職 ●採用やマネジメントを担当 ●全社表彰や最優秀組織長賞等といった表彰をいくつも受賞 ●30代半ばにして年収1,300万円達成 ●大手メディアにマネジメントに関する寄稿経験あり

-転職面接対策