外資系転職向け

【初めての外資系転職】エンワールド・ジャパンをおすすめする3つの理由

悩む人
私の語学力を活かして外資系の企業で働きたい!

でも、初めての外資系転職で、外資系企業の事をほとんど知らないし、どこを選べば自分のキャリアに最適なのかわからず不安。

また、ジョブ型雇用や突然の解雇など、入社後の外資系特有の環境が自分に合っているのかわからないので、踏ん切りがつかない。

こういった疑問・不安を解決いたします。

結論から言うと、入社後活躍が企業ミッションになっている外資系特化の転職エージェント「エンワールド・ジャパン」を利用して転職することを圧倒的におすすめします。

\ただ転職させるだけではない、入社後活躍がミッション/

今すぐ無料で相談してみる

外資系特化の転職エージェント

本記事の想定読者

  • 初めて外資系企業への転職を考えている
  • 漠然としていた外資系企業の情報をちゃんと理解したい
  • 自分のキャリアプランにあった外資系企業を選びたい
  • 転職にあたって、寄り添ってくれる転職エージェントを探している
  • ビジネス英語以上は話せるのでコミュニケーションの心配はない

本記事の信頼性

・本記事は、日系グローバル企業で管理職として働き、採用を担当している筆者が解説しています。

・自身も転職で3社経験しておりいくつもの転職エージェントとお付き合いした経験があります。

・また、採用する側の立場でも転職エージェントお付き合いがありますので、転職経験者としての人格、転職したい人を受け入れる人格、両方の視点で得られた知見と経験をもとに、丁寧に解説をしていきます。

日系企業から日系企業への転職でも不安なのに、初めての外資系となると、「給与は高いけど過酷」「すぐクビになる」「厳しい成果主義」というキーワードだけが聞こえてきて実態がわからず、不安にもなりますよね。

本記事では、その疑問・不安を以下の手順で解決していきます


  • 外資系をきちんと理解する

    外資系企業の定義からその環境の実態を整理し、正確に捉え直します。


  • 外資系企業で前提となるキャリアプランの考え方

    ジョブ型雇用はもはや外資系特有ではありません。

    日系企業でも外資系企業でもキャリアプランの選択肢は今後変わらないでしょう。


  • キャリアプランに寄り添ってくれる転職エージェントを探す

    「転職させたら終了ではない寄り添い型」の転職エージェントの利用が望ましいことを理解します。


本記事では、「外資系企業とは何か?」という前提の疑問の解消から、「なぜエンワールド・ジャパンがおすすめなのか?」解説をしていきます。

【初めての外資系転職】エンワールド・ジャパンをおすすめする前提について

まずは、前提として外資系企業の事について理解しましょう。

簡単な流れ

  • 外資系企業の数と働く人
  • 外資系企業の種類
  • 外資系企業の平均年収
  • 外資系企業の文化

外資系企業の数と働く人

外資系企業の定義とその数

・経済産業省の「外資系企業動向調査」では、資本の3分の1以上が外国法人・外国人による出資である企業を「外資系企業」と定義しています。

・その数は2020 3 月末の集計企業数は 2,808 となっています。

(引用:経済産業省「外資系企業動向調査(2020 年調査)」

お仕事応援人
2,808社と聞くと思ったより多く感じますよね。

外資系企業で働く人

・外資系企業で働く日本人は 51.0 万人

【引用】「労働力調査(詳細集計)2019年(令和元年)平均(速報)」

日本の正規社員人口は3,529万人なので、正規社員の内1.5%くらいは外資系で働く人ということになります。

お仕事応援人
外資系は選ばれた優秀な方が働かれていることが多いと思うので、これくらいの割合はリアルに感じます。

外資系企業の平均年収

外資系企業の平均年収は800万円と言われています。

日本の平均年収が434万円と言われている中、倍近くあります。

・外資系企業が年収が高い理由は、インセンティブが利いている側面が大きいと思います。
・そのため、個人のパフォーマンスが低いと逆に年収が下がってしまうリスクがあるため、注意が必要です。
・また、退職金制度がなかったり福利厚生がなかったりする場合もあるため、給与として支払われている以外の面も考慮する必要があります。

外資系企業の種類

外資100%出資子会社 外資/日系持ち合い会社 外資買収日系会社
パターン 海外企業が日本で100%子会社を設立 外資と日系企業が両方出資 外資系企業が日系企業を買収して子会社化
企業文化 海外企業の文化がそのまま引き継がれる 出資比率や出向している社員割合による 基本買収した企業に変化していくか、日系企業による場合もある
企業例 Google、Microsoft シーメンスジャパン、ハイネケン・キリン SHARP、パイオニア

外資系の企業は、大きく分けて「外資100%出資子会社」「外資と日経企業持ち合い会社」「外資買収日系子会社」の3つがあります。

単純に外資といっても、設立や買収背景によって企業文化が異なっていたり経営状況も異なります。

お仕事応援人
外資系企業に関する情報を日本で入手するのは難しい部分がありますので、外資系に特化した転職エージェントに相談する必要があります。

ポイント

・外資系と言ってもさまざまな形態があるため、外資系転職には外資系業界特有の事情を把握している外資系エージェントが必要

外資系企業個別の情報を抑えている外資系エージェントが必要

現在の外資系企業と日系企業の文化の一般的な違い

続いて、外資系企業と日系企業の文化の一般的な違いをまとめてみました。

全てが綺麗に分かれるの訳ではないですが、大まかな傾向として抑えておく必要があります。

外資系企業 日系企業
雇用制度 契約雇用 終身雇用
社内公用語 英語 日本語
人事ポリシー ジョブ型 メンバーシップ型
人材価値 スペシャリスト ゼネラリスト
給与 高い 低い
退職金 なし あり
福利厚生 限定的 手厚い
残業 少ない 多い
業務マネジメント 個人重視 組織重視
評価 成果主義 年功序列

これから外資系への転職の際に、日系との違いを気にする意味は少なくなって行く

働き方改革が叫ばれる中、多くの企業がリモートワーク前提の企業文化や人事制度の再構築を行なっています。

その結果、より外資に似た仕組みに変化していくと考えられています。

今回は、最近よくメディアでも取り上げられる「メンバーシップ型・ジョブ型」「年功序列・成果主義」の2つフォーカスを当てて説明します。

メンバーシップ型ではなくジョブ型への変化

メンバーシップ型・ジョブ型の特徴をそれぞれまとめました

今は、日系企業の特徴であったメンバーシップ型から、外資系ジョブ型への移行を検討している企業が多くあります。

【外資系転職】メンバーシップ型とジョブ型の構造上の違い

富士通グループでも、ジョブ型の導入はすでに始まっています。

こんな大企業でも日系企業の特徴と言えるジョブ型制度に舵を切っています

富士通グループ ジョブ型制度

日立 ジョブ型人財マネジメント

背景としては、約10年前、日立がグローバルで戦うと舵を切ったことにあります。そして現在、日立は世界の市場を相手に社会イノベーション事業を行うグローバル企業となりました。従業員数は約30万人、その過半数が外国籍です。そうなると、国や地域をまたぐワンチームでの事業推進において、同じ場所、同じ時間で一緒に働く「メンバーシップ型」は通用しません。海外では欧米を中心に「ジョブ型」がスタンダードであり、グローバル共通となる人事制度として「ジョブ型」を日本に導入するのは必然的な流れでした。

一方で、日本に目を向けると、働き方の変革期にあることを実感します。例えば、育児や介護と仕事との両立を考えると、時短勤務や在宅ワークができる環境がないと、会社を辞めざるを得ない人が出てしまいます。また、COVID-19の影響で通勤がグッと減り、テレワークになるなど、働き方はガラリと変化しました。社員がワークとライフのバランスをとても大切にしていることも感じます。そうした中で、職務を明確化・限定し、その内容や遂行状況で待遇等を決定する「ジョブ型」が、今の時代にフィットしていると思います。

引用:日立ホームページ

この他にも、カゴメや資生堂といった大企業もジョブ型の導入を行なっており、今後日本全体がジョブ型へ大きく流れていくと考えられています。

ジョブ型導入状況

アンケート結果を見ると、導入している・検討中・情報収集をしているというジョブ型導入に肯定的な回答が半分近くに上ります

仕事が無くなる=解雇となるのがジョブ型

また、個人でスキルをつけて自分から会社を辞めて次のジョブで良い境遇で転職もしやすくなります。

外資だけではなく、転職が当たり前になる時代が到来しています

お仕事応援人
・これを見ると、外資のジョブ型の特徴である「仕事が無くなれば解雇」も、日系にいてもそう遠くない未来に待ち受けていると考えるのが自然ですよね。
・外資だからと言ってジョブ型に不必要に慎重になる必要はないかと考えています。

年功序列から成果主義へ

日系企業特有の年功序列も薄れて、成果主義を採用している企業も増えてきています。

日本初グローバル企業として有名なファーストリティリング(あのユニクロを展開)も完全実力主義を謳っています。

ファーストリティリング 給与・待遇の考え方

不動産会社の住友不動産販売でも、成果主義をホームページに理念として掲げています。

住友不動産販売

この他にも、リクルートや楽天、ソフトバンクといった大企業でも成果主義を謳っています

参考

引用:公益財団法人 日本生産性本部 第16回 日本的雇用・人事の変容に関する調査

調査結果を見ると、年齢・勤続級の割合はどんどん下がっており、2018年には管理職・非管理職で半分程度となっています。

また、役割・職務級の割合がどんどん大きくなっており、管理職では78.5%と時代の変化を感じさせます

お仕事応援人
成果主義が外資系の特徴というのは、もう考え方として古いですね。
日系であれ外資であれ、本人の実力が求められる時代に変わってきています

外資系独特と言われてきた企業文化(ジョブ型や成果主義)は、もはや独特ではない

外資系の特徴と言われてきた部分を冷静に今の日本企業に当てはめてみました。

もはや、外資系の特徴と考えられきた部分は特徴ではなくなりつつあるのがわかります。

お仕事応援人
企業文化や制度の違いで、外資系独特の部分は薄れてきており、転職時に外資系だからと言って構える意味はなくなっていると考えています。

初めての外資系転職でエンワールド・ジャパンをおすすめする3つの理由

外資系転職で必要なポイントについておさらいしましょう。

外資系で必要なポイント

①外資系の事情をきちんと抑えている

②外資系企業の情報を多く抑えている

③転職が前提となるキャリアプランに寄り添ってくれる

このポイントを抑えている転職エージェントが、エンワールドジャパンなんです。

エンワールドジャパン概要

①外資系の事情を知っている⇨外資系に特化しているエージェント

エンワールドは、外資系及びグローバル企業に特化した転職エージェントです。

<会社概要>

項目 内容
創業 1999年
主な事業内容
  • グローバル人材に特化した人材紹介業
  • グローバル人材に特化した人材派遣業
  • グローバル企業に特化した経営層の転職・採用支援
  • グローバル企業の採用代行サービス(RPO)
事業所

東京本社
〒104-0031 東京都中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデン 12階
電話:03-4578-3500

名古屋オフィス
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3-17-13 いちご丸の内ビル 7階(旧CRD丸の内ビル)
電話: 03-4578-3500

大阪オフィス
〒530-0001大阪府大阪市北区梅田3-3-45マルイト西梅田ビル4階
電話:06-7777-1350

資本金 6,514万円
従業員数 329人

お仕事応援人
あこがれの外資系企業ばっかりで、外資系に強い事がわかります

②外資系企業の情報を多く抑えている⇨圧倒的求人数

800万円以上の求人数が10,000件以上あります。

外資系に加えて日経グローバル企業も含めると、何と4,461社も取引先企業があります

お仕事応援人
色んな求人情報に触れたい利用者としては、非常に嬉しい数字ですよね。

③転職が前提となるキャリアプランに寄り添ってくれる

転職エージェントは、転職先が決まれば成功報酬を受け取り、それで転職者との関係性は切れてしまいます

ただし、エンワールド・ジャパンは「入社後活躍」を企業ミッションに掲げており、入社後のフォローアップも丁寧に行われています。

実際にエンワールド・ジャパンを利用して転職された方の声を聞くと、満足度が高いことが伺えます。

そのおかげもあってか、サービス利用満足度は94.8%と非常に高い評価を得ています

お仕事応援人
紹介しておしまいではなく、入社後も寄り添ってくれるからこその数字だと考えています。

初めての外資系転職はエンワールド・ジャパンで成功を掴み取ろう!

外資系で必要なポイント

①外資系の事情をきちんと抑えている

②外資系企業の情報を多く抑えている

③転職が前提となるキャリアプランに寄り添ってくれる

この3つのポイントを抑えているエンワールドジャパンが、初めての外資系転職でオススメの転職エージェントであることがお分かり頂けたと思います。

お仕事応援人
良い求人はすぐになくなってしまいますあこがれの企業の求人がなくなってしまうかもしれません

無料で相談できるので、転職を成功させたいなら今すぐ行動しましょう

\ただ転職させるだけではない、入社後活躍がミッション/

今すぐ無料で相談してみる

外資系特化の転職エージェント

  • この記事を書いた人

お仕事応援人

●大手企業管理職 ●採用やマネジメントを担当 ●全社表彰や最優秀組織長賞等といった表彰をいくつも受賞 ●30代半ばにして年収1,300万円達成 ●大手メディアにマネジメントに関する寄稿経験あり

-外資系転職向け